キャビアと言えば三大珍味の一つです。

「フォアグラ」「トリュフ」そして「キャビア」です。

特に日本人がこの三大珍味で一番多く食べるのがキャビアです。

日本は領土が海に囲まれている分、魚介類が好きなんですねえ。

キャビアの容器は缶詰か瓶詰があります。

保存の長さはどちらかというと缶のほうが良いですね。

賞味期限が長いのは缶詰の方です。

でも瓶詰の利点はと言うとふたを開けた後、冷蔵庫に入れて保存できる分扱いやすいでしょう。

このあたりは好みです。

さて、このキャビアについてですが、容器から開封後、食べきれずに保存する場合賞味期限はどれぐらい持つのか気になりますよね?

今回はキャビアの開封後の賞味期限、あるいは保存法を説明します。

賞味期限 キャビア 開封後

キャビアの開封後

キャビアは基本塩漬けにしてから滅菌した容器に入れて販売してますので、保存状況は良いでしょう。

キャビアの賞味期限は大体四か月と言われています。

もちろんメーカーによって変わります。

その後、容器のふたを開けて食べた後、残してしまいます。

キャビアは高いので当然このまま捨てませんよね。

基本は保存して次の日などで食べたりします。

スポンサードリンク

開封後の賞味期限は短い

キャビアの開封後は短いです。

もちろんふたを閉めて冷蔵庫に入れた場合を含めてです。

それで賞味期限は約二、三日しかありません。

これは時期によって違ってきますが大体遅くてもこれぐらいです。

キャビアは基本開封した後はすぐに食べきるのがベストなようですね。

まとめ

キャビアは有名な食材です。

それをお土産にして送ると大抵の方は喜びますよね。

取っといてゆっくりと食したい気持ちはわかります。

でもキャビアは早めに食べないといけません。

なぜなら開封後はたったの数日しか持ちません。

なので開けた後はじっくり味わいつつ食べても良いですが基本はさっさと食べきることをおすすめします。

ちなみにキャビアはロシア産やイラン産などがあり、いろんなメーカーがあります。

どれをお土産にするのか選ぶのも楽しみですよね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク