キャビアといえばチョウザメの卵を塩漬けにした食べ物で、今日では「フォアグラ」「トリュフ」「キャビア」などの世界三大珍味の一つとされています。

キャビアは他の珍味と違って魚介類のため、サーモンやマグロなどが好きな日本人の間では、三大珍味の中で一番よく食べられています。

実は日本はキャビア輸入国の中で四位なくらい、キャビアが好きです。

そんなキャビアはかなり値段が高く、なかなか手を出せないというのが現状ですね。

有名所のキャビアはロシア産やイラン産が有名です。

もしキャビアの缶詰を買おうと思うのなら基本的にはロシア産のキャビアが大半になるでしょう。

そんな高級食材のキャビアに、賞味期限はどれぐらいか、気になりますか?

今回はそんなキャビアについての説明をしようと思います。

賞味期限 キャビア 缶詰

キャビアの缶詰はいろいろある

キャビアの有名所はロシア産です。

主に取れているのはカスピ海ですね。

そしてそのカスピ海にイランも面しているのでイラン産のキャビアも有名です。

キャビアに色違いが

いろんなキャビアにはいろんな種類があります。

それは例えば褐色を浴びた灰色だったり、金色だったりとさまざまです。

キャビアをいろいろと調べると自分好みのキャビアが見つかるかもしれません。

スポンサードリンク

キャビアの賞味期限

キャビアの賞味期限と聞けば気になりますよね。

キャビアは基本的に缶詰にされて販売されいる場合が多いです。

傷みやすいため密封されますよね。

そしてキャビアの賞味期限は入れる器によったり、メーカーによってさまざまですが、大体一年以上は持つと言われています。

開封した場合は賞味期限あっという間に短くなってしまうので早めに食べきることをおすすめします。

開封した場合の保存方法は冷凍が良いでしょう。

通販で送られる場合、基本的には冷凍状態で送られます。

まとめ

キャビアは有名珍味の一つです。

そのキャビアの賞味期限をできるだけ長くしたい場合はメーカー選びが大事になってくるでしょう。

メーカーによってキャビアの趣が異なってくるのでそこは個人の好みによって選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク