ブルーベリーは目に良い食べ物、とよく言われています。

それはブルーベリーの色素でもあるアントシアニンの効能です。

ヨーグルトやケーキのトッピングに。

もちろんそのままつまんで食べることもできるブルーベリー。

コストコで大容量で買うことができますがそんな大容量を賞味期限以内に消費できるのか、調べてみました。

賞味期限 コストコ ブルーベリー

コストコで買えるブルーベリーはどんな感じ?

コストコでは生のブルーベリーと冷凍されたブルーベリーが販売されています。

生はプラスチックのパックに、冷凍はプラスチックのパッケージに入っています。

生の物は500gほど、冷凍は2キロ超えとどちらも容量多めではあります。

ただ冷凍ブルーベリーは解凍時に水分が抜けてしまい、ベチャベチャになります。

半解凍の状態でそのまま食べるか、水分が抜けた状態が気にならないヨーグルトに入れて食べるなど用途が決まってくるのが難点です。

ブルーベリーの賞味期限を保たせるには?

生は冷蔵庫、冷凍はそのまま冷凍で保存をします。

生の物は状態にもよりますが乾燥を防ぐように保存をすれば1週間ほどは日持ちをします。

冷凍にいたっては腐る心配がないので賞味期限は1年以上保てますが日が経つ毎に品質は低下してくるので早めには食べた方がいいでしょう。

また生のブルーベリーも冷凍をすることができます。

水分を拭き取り、密封できるパックに入れておけば1カ月ほどの賞味期限を保つことができます。

スポンサードリンク

賞味期限がきつい場合はブルーベリーを加工する手もある!

大量のブルーベリーを購入した場合はヨーグルトにあえてもケーキにトッピングをしても消費がなかなか難しいこともあるでしょう。

そういう時は保存の効くジャムにしてしまうのがオススメです。

ジャムは砂糖を入れることにより、賞味期限を長くすることができます。

砂糖を多めにいれるほど賞味期限を保てますが、手作りの物は保存料を入れることができないため、カビが生える可能性もあります。

ジャムにした場合は瓶などの密閉できる物に入れ、雑菌が入り込まないよう口に入れたスプーンなどでジャムに触れないようにしていくのがいいでしょう。

賞味期限の目安としては1カ月程度となります。

まとめ

コストコで販売しているブルーベリーは生か冷凍かでだいぶ賞味期限や使用用途が違ってきます。

自分に合った方を購入するといいでしょう。

目にも身体にも良い健康食材なので腐らせないように使い切りたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク