肉や魚をつい買いすぎた時、冷凍保存をしておくと便利ですよね。

しかし、うっかり調理を忘れていたこと、よくありませんか?

そこで今回は、肉や魚を冷凍保存する場合の賞味期限の目安について調べました。

賞味期限 冷凍 肉 魚

冷凍した肉や魚の日持ちはどのくらい?

スーパーで肉や魚を大量に買ってしまうことありますよね。

その場合は、冷凍保存しておくことがほとんどだと思います。

しかし、そんな時「冷凍保存した場合は賞味期限がどのくらい持つのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか。

そこで、肉や魚を冷凍保存した場合の賞味期限の目安について調べました。

肉を冷凍保存する時の賞味期限の目安

まず、冷凍保存した肉の賞味期限は約1~2か月であると言われています。

数日しか保存期間の無い冷蔵よりは遥かに長持ちしますが、冷凍していても徐々に品質は落ちていってしまいます。

また、水分量が多いほど品質劣化が進んでしまうので、肉の種類でいうと鶏肉、豚肉、牛肉の順番で傷みやすいです。

肉の上手な冷凍方法について

冷凍する際に気を付けるのは、酸化と乾燥を防ぐことです。

酸化と乾燥が進んでしまうと、解凍した時に肉がパサついてしまい、美味しさが減少してしまいます。

酸化と乾燥を防ぐために、冷凍する時はなるべく空気が入らないようにし、逆に乾燥させないように水分を少し含ませた状態で冷凍するのがおすすめです。

スポンサードリンク

魚を冷凍保存する時の賞味期限の目安

まず、冷凍保存した魚の賞味期限は約1か月であると言われています。

魚の場合は2~3週間を過ぎたあたりから品質がとても落ちやすくなるのでその前に調理するのが良いでしょう。

魚の上手な冷凍方法について

魚の場合は、内臓や頭などをきちんと処理してから冷凍しましょう。

内臓や頭を取り除かずに冷凍すると生臭くなってしまうので、下処理をすることが大切です。

下処理をした後は、綺麗に洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水分を取り、ラップで包んで冷凍しましょう。

まとめ

肉や魚の冷凍保存した時の賞味期限は、どちらも約1か月であるということが分かりました。

冷凍すれば賞味期限がなくなるという訳ではなく、冷凍しても酸化や乾燥が進むと品質劣化が進むのであまり長い期間冷凍するのはおすすめできません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク