一人暮らしをしていると、調味料を賞味期限以内に使いきれなくて冷蔵庫に放置してしまっていること、よくありませんか?

賞味期限が少ししか切れていなければ自己責任で使っても問題はありませんが、1年以上前のものや臭いや見た目がヤバそうなものは捨てた方がいいです。

そんな調味料を捨てる時の正しい捨て方について調べました。

賞味期限 ソース 捨て方

賞味期限が切れた調味料の廃棄方法について

賞味期限が切れた調味料の捨て方について迷ったことはありませんか?

少量だけなら洗剤と一緒に流して捨てるのも良いかもしれませんが、丸々一本残っているものや、油などが使われている調味料はそのまま流してしまうと環境にもよくありません。

液体物はそのまま流さずに牛乳パックへ

まず、醬油やドレッシングなどの液体の調味料は、そのまま流すと環境に悪いだけでなく下水管の臭いや詰まりの原因となってしまうので大量に流すのはやめた方が良いです。

液体調味料の廃棄に役立つのが、牛乳パックです。

牛乳パックは液体が漏れないような構造になっているので調味料が漏れることもなく、また、入り口部分をしっかりとガムテープ等で塞げば臭いの心配もなくなります。

牛乳パックの中に新聞紙や古布、キッチンペーパーなどを詰めて、そこへ調味料を流せばより良いでしょう。

捨てる時も燃えるゴミとして出すことができるので安心して捨てることができます。

スポンサードリンク

ソースやケチャップなどの粘度の高いものは工夫が必要

液体調味料とは違い、粘度の高いソースやケチャップは捨てる際に工夫が必要です。

上記の方法で同じようにすることもできますが、ソース等は粘度が高いので新聞紙や古布がなかなか吸い上げてくれない可能性があるので注意が必要です。

そんな時は、二重、三重に下した新聞紙にソースなどを出して、それをビニール袋でさらに二重、三重に入れて処分するのが良いでしょう。

新聞紙よりも、キッチンペーパーの方が吸い上げ力が少し高いかもしれません。

まとめ

牛乳パックを使えば液体などの調味料を簡単に捨てることができることが分かりました。

ソースなどの粘度の高い調味料は、新聞紙やキッチンペーパーで包んで捨てる方が良いということも分かりました。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク