なめたけは、ご飯に乗せても美味しく普段の料理に一工夫加えるために使う事もでき万能で重宝しますよね。

ところが、一度開封してしまうと傷むのが早く瓶に書かれている賞味期限も『開封後はなるべく早めにお召し上がりください』と書いてあるので、実際はいつまで食べられるのか分からず仕方なく処分してしまった人も少なくないと思います。

そこで、今回は瓶詰めのなめたけの賞味期限について調べてみました。

賞味期限 なめたけ 瓶詰め

市販の瓶詰めされているなめたけの賞味期限

スーパーなどでよく買うなめたけは、ほとんどの場合が瓶に詰められた状態で販売されていると思います。

その一般的な瓶詰めされているなめたけの賞味期限について未開封・開封後と分けてまとめてみました。

未開封の場合

ほとんどの場合が瓶の底などに記載されていますが、製造日より半年~1年半とメーカーによってそれぞれ異なりますので、一度確認してみましょう。

また、記載されている賞味期限は正しい場所で保管した場合の賞味期限ですので必ず直接日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしましょう。

開封後の場合

開封後は、いろんな意見がありますが2~3日以内が安全で清潔なスプーンなどを使い使用後はすぐに冷蔵庫で保管しましょう。

2~3日で使い切れそうにない場合は、真空保存できるようなパックに一回分づつ小分けして冷凍庫で保存すると賞味期限は1か月程度に延ばす事も可能です。

スポンサードリンク

手作りの瓶詰めなめたけの賞味期限

特売でえのきが安くてまとめ買いした時や、保存料・添加物を使わないように手作りした場合、長く保存するために瓶を使う人も多いと思います。

そこで、手作りのなめたけを瓶で保存した場合の賞味期限をまとめてみました。

冷蔵庫で保存した場合

手作りのなめたけは、保存料・添加物などを使っていないためあまり日持ちさせることはできませんが、一回で使いきれる量に小分けして煮沸滅菌した瓶などに入れて2~5日程度です。

賞味期限に差があるのは、小分けするかしないかによって差があるという事になりますので、ここでも清潔なスプーンなどで取り分けてすぐに冷蔵庫に入れる事をオススメします。

冷凍庫で保存した場合

真空の状態で保管できるジッパー付の袋に小分けして、冷凍保存することで約1か月は保存することが可能です。

たくさん作った時などは、あらかじめ冷凍庫で保存しておくのも良いかもしれません。

まとめ

ご飯のお供に人気のなめたけ。

なめたけを使う事で料理のレパートリーも増えるので、たくさん買ってしまいますよね。

しかし、余ってしまって捨てるのはもったいないので、少しでも長持ちさせられるように冷凍保存することをおススメします。

でも、傷んでしまうのも早いのであくまでも目安は目安で酸っぱい匂いがしたり色などに変化が見られた場合は食べないようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク