ワインが苦手な人でも、飲みやすく人気の高いサングリア。

一般的にワインには賞味期限が無く瓶詰めされた後も熟成し続けるため飲み頃は好みによっても変わってきます。

よく〇年物などと言われるように、冷暗所に保管していれば期限はなく熟成した年数によって香りや深みが変わってきます。

また、未開栓なのか開栓後なのかによっても変わってきますのでそれぞれ見ていきましょう。

賞味期限 サングリア 市販

サングリアの賞味期限

フルーツなどを使って、ワインを飲みやすくしたサングリアですが、最近は人気も出てきて安値で買う事ができるようになってきましたね。

スーパーなどでもワンコインのサングリアをよく見かけるようになりました。

そこで、サングリアを買ったけど最後まで飲みきれなかった時、いつまで飲むことが出来るか気になりますよね。

未開栓や開栓後など調べてみましたので参考にしてみてください。

未開栓の場合

ほとんどの場合、賞味期限が書いていないことが多く、代わりに収穫日などが記載してあるものもあります。

直射日光を避けて高温にならない涼しい場所で保管して、だいたい1年~2年ほどが賞味期限と言われています。

開栓後の場合

開栓後は空気に触れて品質が劣化していきますので、賞味期限は開栓から約1週間と考えられています。

また開栓後は少しでも長持ちさせるため冷蔵庫で保存するのがベストで、なるべく早めに飲み切ってしましましょう。

スポンサードリンク

開栓後、賞味期限を過ぎてしまったら

開栓後の賞味期限内に飲み切ることができず残ってしまったら、料理などにも使う事が出来ます。

料理用だとしても火を使えば永久的に使用できるわけではなく1か月を目安に使い切ってしまう事をオススメします。

またサングリアはフルーツなどを使っているので、他のワインに比べて甘みがありますので、その特徴を利用して合う料理を探してみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

ワインはアルコールが含まれるので賞味期限が定められていない事も多いが、開栓後もいつまでも飲むことができるかというとそうではありません。

 

またサングリアは、様々なフルーツを使っているため他のワインに比べて賞味期限が短いとも書かれていました。

 

そのため開栓後がなるべく早めに使い切ってしまう方がおいしく頂けるかもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク