紅茶の長期保存方法と賞味期限を調べていきたいと思います。

賞味期限 紅茶 葉

紅茶の葉の賞味期限

紅茶の葉の賞味期限は厳密に守らなくても大丈夫です。

紅茶の賞味期限はパッケージした時からの期限になっています。

紅茶を製造した日からの計算ではないので、製造会社によって賞味期限の定めはバラバラです。

紅茶の保存方法

茶葉は常温保存で、匂いの付かない、湿気の少ない場所で保存します。

キッチンのコンロなどの火を使う場所や、直射日光の当たる場所さえ避ければ、どこに置いても構いません。

紅茶は日光と湿度と酸化匂いに弱い

日光に当たると劣化が早いので、紅茶の茶葉は遮光できる容器に保管してください。

湿気と酸化を避けるためにきちんと密閉でいる容器に保管します。

賞味期限まじかが美味しい紅茶

紅茶は数年経った賞味期限ギリギリが美味しかったりします。

缶入りであれば、空気と触れ合うことが少ないので風味も落ちにくいのです。

新しい茶葉は、少し渋みが目立ったりすることもありますが、数年するとこなれてきて、まろやかに深い味わいが感じられるようになるためです。

スポンサードリンク

長期保存の方法

大量に買って缶で小分けにして保存するのをお勧めします。

小分けにすることによって、まだ使わない茶葉の部分を、空気と接触させる機会を減らします。

茶葉の保管で気を付けなくてはいけないのは、湿気とカビです。

こらから守るために、缶などの密閉された容器で、乾燥しているところに保存するのがベストです。

アイスティーに長期保存の茶葉

長期保存した茶葉で作ったアイスティーは口当たりがまろやかになり、美味しい飲み方です。

古い紅茶の使い方

賞味期限の切れた紅茶は飲めないわけではありません。

香りが飛んでしまっている場合があります。

そんな時は、うがいに使ったり、足を浸して水虫対策にも使えます。

布を紅茶で染めて自分だけのお洒落はどうですか?

まとめ

茶葉は保存方法で美味しい状態が長持ちします。

紅茶の風味が飛んでしまっても、健康上の問題はありませんし、使い道も色々あるので試してみて下さい。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク