作り置きした、アイスティーは冷蔵庫でどのくらいの賞味期限なのでしょう。

調べていきたいと思います。

賞味期限 紅茶 作り置き

作り置きのアイスティー

ティーバックで作った、アイスティーは冷蔵庫に保存で、二日を目安に飲みきるようにしましょう。

継ぎ足しはせずに、一回一回容器を洗いましょう。

紅茶専門家の話では、紅茶のアイスティーは室温保存で1日です。

冷蔵庫に入れるとクリームダウンして濁ってしまいますが、味にはそんなに関係ないそうです。

緑茶も同じで、変色とクリームダウンを起こします。

水だしアイスティー

水出しアイスティーは、熱湯を使わずたっぷり作って1日楽しめるさっぱりとした仕上がりのアイスティーです。

水出しアイスティーの茶葉

アイスティーに向き、不向きの茶葉があります。

作る過程で「クリームダウン」と呼ばれる茶液が白く濁る現象が起こりやすいので、タンニンの少ないお茶を選ぶことが大切です。

でも、水出し方式は低温で抽出ため、どんなお茶でもクリアな色になります。

初心者さんでも簡単に作ることが出来ます。

スポンサードリンク

寝ている間に出来上がり

  1. 1リットルの容器に茶葉12グラムを入れます。
  2. 上から水を注ぎます。
  3. 暫く茶葉は上に浮いたままですが、ゆっくり抽出されます。
  4. 冷蔵庫で10時間置いたら、茶こしで濾しながら別の容器に移せばできあがりです。

できたアイスティーは、冷蔵庫で保存して、風味を損なわないために、1日で飲みきるのが良いでしょう。

飲み方アレンジ

何も入れずにストレートで飲むのも良いのですが、小さいお子様にはサイダーや、カルピスで割っても美味しいですね。

賞味期限切れした紅茶の活用法

お掃除の活用

紅茶のティーバックや、茶葉をストッキング等に入れて、フライパンを洗ったり、うがいなどにも使えます。

まとめ

紅茶を作り置きできたら便利ですね。

飲みたいときにすぐ飲むことができます。

紅茶も水出しで作ることができますが、緑茶も同じように作ることができます。

これからの季節、ぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク