夏野菜のトマトのマリネの料理方法と、賞味期限を調べていきたいと思います。

賞味期限 トマト マリネ

夏野菜のトマトのマリネ

トマトのハチミツマリネ

  1. プチトマトはへたを取り、皮の表面に切れ目が入るようにします。
  2. 耐熱ボウルにプチトマトを入れ、熱湯を注ぎ、お湯を捨てて水にさらして皮を剥きます。
  3. 穀物酢、オリーブオイル、砂糖、はちみつ、塩をあえて完成です。

漬けて一晩位で食べられます。

プチトマトが安い時におすすめです。

栄養価の高いトマトをさっぱり食べられ、見た目もかわいいです。

玉ねぎいっぱいのトマトマリネ

  1. トマトを輪切りにします。
  2. 玉ねぎをみじん切りにして、塩水にさらして、水気をとります。
  3. バージンオイル、酢、塩をボウルで良く合わせ玉ねぎと混ぜます。
  4. トマトをお皿にならべ、玉ねぎをかけます。

玉ねぎは辛みがなくなり、シャキシャキで美味しいです。

冷蔵庫で3、4日持ちます。

沢山作って置けますね。

スポンサードリンク

トマトとパプリカのマリネ

  1. トマトは湯剥きして、8等分に切ります。
  2. パプリカは2等分にしてから、それぞれ12等分に切り、塩を振ったお湯でパプリカをさっと茹でます。
  3. オリーブオイル、酢、ハチミツ、レモン汁を混ぜておきます。
  4. パプリカの粗熱が取れたらトマトと合わせて、混ぜておいた調味料をかけて、ブラックペッパーとクレイジーソルトを振ります。
  5. 冷蔵庫に2~3時間保存して味をしみ込ませてください。

鮮やかな彩りで食卓が華やかになります。

冷蔵庫で2、3日持ちます。

ミニトマトのポン酢マリネ

  1. ミニトマトは良く洗って、ヘタを取ります。
  2. フライパンにゴマ油を熱し、ミニトマトを炒めます。
  3. ミニトマトに火が通ったら、ポン酢を回しかけて出来上がりです。

粗熱が取れたら冷蔵庫で保存してください。

とても簡単に出来て、冷蔵庫で5日くらいは持ちます。

まとめ

トマトにはリコピンが含まれています。

トマトのリコピンは抗酸化力が強く、ビタミンEの100倍で、活性酸素を消してくれるのです。

美容にも効果があり、しみ、しわ、日焼けなどにも効果が期待できるのです。

リコピンが日焼けの元になるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの産生を促す働きがあります。

作り置き出来るマリネで沢山トマトを摂りたいですね。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク