長期保存が出来るサラミの保存方法はと、賞味期限はどの位あるのでしょうか。

開封後のサラミはどのように保存してどの位持つのでしょう。

調べていきたいと思います。

賞味期限 サラミ 未開封 開封後

サラミの賞味期限

長期保存できる乾燥ソーセージのことをサラミといいます。

原材料は畜肉類として、豚肉及び牛肉だけを使用したドライソーセージのことです。

賞味期限はすべての品質を十分に保持できる機関のことで、品質の劣化が比較的ゆるやかな食品に記載されています。

未開封で表示された方法に従って保存した場合に限られます。

サラミ未開封の場合

未開封のサラミの賞味期限は3ヶ月です。

保存温度は常温で大丈夫です。

開封後の保存方法は、10℃以下で冷蔵で約1週間食べられます。

サラミによっても、開封後冷蔵で1ヶ月持つものもあれば、1週間しか持たない物もあります。

温度や湿度が高い所で保存すると、サラミの切り口が黒っぽく変色し始めたら、食べるのは控えた方が無難です。

スポンサードリンク

開封後の場合

賞味期限を過ぎると菌の一種のリステリア・モノサイトゲネスによる食中毒のリスクが高まります。

2週間位なら、きちっとラップして冷蔵庫でも大丈夫です。

もしも心配なら、軽く炙ったり、焼いて食べると美味しいです。

未開封、開封後の使用方法

賞味期限が過ぎても、すぐに食べられなくなるという事ではありませんが、品質が徐々に失われていきます。

なるべくなら期限内に食べるのがベストですね。

一年持つものでしたら、賞味期限は半年程度に設定されます。

賞味期限はメーカー保証期間ですから、すぐにどうにかなるものではないので、少しくらい賞味期限が過ぎても食べても大丈夫でしょう。

開封後は、炙って食べたり、ピザなどに使って食べても美味しいですね。

まとめ

わりと賞味期限が長いサラミですが、開封後はしっかりラップで密閉して、なるべく早く食べたい物ですね。

細かく切ってパスタや、ピザ、サラダのトッピングにも美味しいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事