自家製のトマトソースは手間と時間がかかりますが、市販のトマトソースにはないトマトのフレッシュな味わいがあります。

冷凍したトマトがあるときや、トマトが食べきれない時にもトマトソースを良く作ります。

市販のトマトソースには賞味期限が記載されていますが、自家製のトマトソースだとどれだけ日持ちするのか解りません。

自家製のトマトソースの賞味期限はどれくらいなのでしょうか。

賞味期限 自家製 トマトソース

自家製のトマトソースの賞味期限

自家製のトマトソースの賞味期限は冷蔵庫に入れて3日くらいのようです。

時間がたつにつれて味が落ちてしまうので出来るだけ早めに食べましょう。

ただ、調味料の濃度が濃く、何度か火を通せばもう少し日持ちするかもしれません。

自家製のトマトソースは冷凍保存する事も出来ます。

冷凍保存すれば1カ月くらい日持ちするので、すぐに使い切れないときは冷凍保存しましょう。

自家製のトマトソースの保存方法

日持ちさせるには正しい保存方法で保存することが大切です。

トマトソースは空気に触れると傷みやすいので、保存するときはなるべく空気に触れないように保存すると日持ちします。

タッパーに入れるときはしっかり蓋をして密封しましょう。

また、ジッパーなどの袋に入れて保存するときもしっかりと空気を抜きましょう。

また、常温や暖かいところに置くと傷みやすいので冷蔵庫で保存しましょう。

スポンサードリンク

市販のトマトソースはなぜ日持ちするの?

自家製のトマトソースは作ってから日持ちが短いですが、缶詰や瓶詰のトマトソースは賞味期限が長いのはなぜなのでしょうか?

それは瓶詰や缶詰は製造するときに滅菌し、中を真空状態にしている為、菌が繁殖しない状態になるのだそうです。

自家製のトマトソースでも瓶詰して上手に保存すると1年保存する事が出来ます。

イタリアでは自家製トマトソースを保存食にしていた

南イタリアではトマトソースを頻繁に使用します。

イタリアではトマトソースは料理の基本で欠かせないものです。

昔は夏になるとトマトが大量に収穫されるので大量のトマトソースを作り瓶詰して長期保存していたそうです。

ただ昔に比べて今はいつでも市販のトマトソースが購入できるので作る家庭は減ってきているそうです。

ただ、夏に採れたトマトはとても美味しいので、そのフレッシュな状態のトマトを保存しておけるのは良いですよね。

まとめ

自家製のトマトソースは冷蔵庫に保存して3日くらいの賞味期限だという事が解りました。

ただ、冷凍保存すれば1カ月日持ちし、上手に密封して瓶詰すると1年保存できます。

沢山作った時には冷凍か瓶詰して保存すると良いですね。

自家製のトマトソースでも特に新鮮で美味しいトマトで作ったトマトソースは美味しいので、トマトが美味しい時期に沢山作ってストックしておくのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク