お酒のつまみや海鮮丼などに使って食べる海老の刺身。

新鮮なものはプリプリして甘みがあり美味しいんですよね。

そんな海老の刺身の賞味期限ってどのくらい持つのか気になりますよね。

そこで、海老の刺身の賞味期限について調べてみたので書いていきます。

賞味期限 海老 刺身

海老の刺身の賞味期限とは

海老の刺身の賞味期限は基本的には買ってきた当日中になるんだそうです。

なので、買ってきたらその日の内の食べるのが一番みたいですね!

ただ、人によっては海老の刺身はチルド室に保存していれば2日は持つよ!!という声もありましたが、鮮度などによって異なってしまい菌も増えやすく食虫毒になる可能性もあるので、食べる場合はあくまでも自己責任となります。

そして、2日以上経っているものは刺身として食べることはあまりおススメしません!!

スポンサードリンク

買った当日以降は食べられないの?

買った当日が賞味期限となると、食べ切れなかった場合ってもう食べられないのかってなってしまいますよね。

実は鮮度がよく保存状態がとても良ければ生で食べる場合は翌日まで持つようです!

また、冷蔵保存で2~3日以内に、冷凍保存で1ヶ月くらいは持つようなので、生でなく加熱して食べるのであれば大丈夫みたいですね。

しかし、海老が糸を引いていたり異臭がしたりなど何かしら異変がある場合は傷んでいるので食べるのはやめてくださいね!

ちなみに、冷凍保存する場合は頭・殻付きで鮮度が良いものだと2ヶ月くらいは持つようです!!

ただし、冷凍するとどうしても風味や食感等が落ちてしまうのでなるべくなら、期限内に食べるのが良いかもしれません。

まとめ

海老の刺身の賞味期限は基本は買った当日と言われており、鮮度がよく保存状態が良ければ翌日中も刺身として食べることは出来るようです。

しかし、それ以上経ってしまうと生で食べた場合食中毒になってしまう可能性があるので、しっかりと加熱をして食べるか早めの内に冷凍保存すると良いかもしれませんね。

海老の刺身として買っているので、美味しく安全に食べるために買った当日中には食べ切るようにしておきたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク