色々な種類があるキムチ。

どれも味が異なり、料理によって変えて使う方も多いのではないでしょか?

そんなキムチって一度開封してしまうと傷むのが早いイメージがあり、何としてでも使い切らないと思ってしまいますよね。

そこで、キムチの賞味期限って未開封と開封後ではどのくらい持つのか気になってしまったので、調べてみました。

賞味期限 キムチ 未開封 開封後

キムチの賞味期限

キムチの賞味期限は未開封であれば、要冷蔵保存(10℃以下)で3週間~1ヶ月持ち、常温保存や冷凍保存には向いていないんだそうです。

しかも、消費期限はパッケージに記されていないのですが、実は31日~45日は消費期限があるようなので、保存状態が良いと長期間持つようですね!

ただし、見た目や臭いに異変がある場合は処分してくださいね。

スポンサードリンク

開封後の賞味期限は?

キムチを買えば必ず開封すると思いますが、開封後キムチを取る際に清潔なお箸を使っているか、他の料理に使った端を使い回ししていないかどうかでも変わってくるようです。

清潔なお箸等で取っていれば、1ヶ月以内に使い切るようにすれば大丈夫みたいです。

また、開封すると空気に触れて発酵が進み酸っぱくなっていきますが、加熱すれば食べられるんだそうです。

ただし、保存状態が悪いとカビが生えたりする、異臭がしたりする場合があるので注意が必要です!!

万が一口にした箸や使い回しした箸で採ってしまった場合、雑菌が繁殖しやすくなり傷むのも早まるので、遅くても1週間以内に食べ切ることをおススメします。

ちなみに、インターネットでの口コミを見てみると設けられている賞味期限を1週間~1ヶ月過ぎても大丈夫だったという声がありますが、あくまでも自己責任となりますので気を付けてくださいね!

まとめ

キムチの賞味期限は未開封の場合は3週間~1ヶ月、開封後は清潔なお箸を使って保存状態が良ければ1ヶ月以内までなら持つみたいですね。

また、キムチは発酵食品になるので開封すると発酵が進み酸っぱくなりますが、加熱すれば問題ないようです。

しかし、異臭やカビなど他の異変がみられる場合は処分するのが良いかもしれません。

未開封であれば期限内に、開封後はなるべく早く食べ切るようにしていきたいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク