そうめんの乾麺、皆さんは賞味期限がどれくらいなのかご存知ですか?

大体、商品のパッケージに賞味期限が記載されていますがそんなにチェックしないですよね。

乾麺だと結構持ちそうだし、放置していても気にならないと思います。

夏の暑い時期に食べて、たくさん購入しても残ってしまい、翌年まで昨年の残りがある、なんていうご家庭は少なくないと思います。

そこで今回はそうめんの賞味期限を今一度おさらいすると共に、そうめんの乾麺の賞味期限内に美味しくいただけるように正しい保存方法をご紹介します。

賞味期限 そうめん 乾麺

そうめんの乾麺!賞味期限は?

そうめんの乾麺、見た目では結構賞味期限長そうですよね。

1年前に購入したものも食べられるイメージがあると思います。

そうめんの乾麺は一般的に、各会社や製造方法によっても様々ですが「1年~2年」とされています。

しかし、中には古物(ひね物)と言われて熟成3年や、7年!というそうめんも販売されているので、一概には言えないのです。

古物は、そうめんに適した場所で保存すれば長く食べられますが、ご家庭に置く場合は3年以内に食べることをお勧めします。

詳しい賞味期限はぜひ、商品ごとに記載されている期限を確認しましょう。

スポンサードリンク

そうめんの乾麺!保存方法は?

賞味期限は商品によって違いますが、どんな商品でも賞味期限内での保存方法によっては美味しくいただけないこともあります。

賞味期限内でもカビが生えてしまったり、味が落ちたり…そうならないためにも保存方法には気を付けたいですよね。

お勧めの保存方法は「冷蔵庫」「密封して袋にいれる」です。

袋を開封していないそうめんは、湿気の少ない場所に置いてカビが発生しないように気をつけましょう。

特に冷蔵庫保存はしなくても大丈夫です。

しかし、開封済みのそうめんは、外気が入らないようにチャック付きの袋に入れなおして、シリカゲルとともに冷蔵庫にいれて保管すると、開封後でも味の質は落ちないと言われています。

湿気防止にもなるのでお勧めです。

そして、冷蔵庫に入れる際は他の食材の匂い移りに気をつけましょう。

そうめんはすぐに匂い移りをしてしまうので、生魚や野菜など特に気をつけましょう!

まとめ

そうめんを美味しく賞味期限内でもいただくためには、ぜひ保存方法に一工夫してみましょう!

そして、購入したそうめんの賞味期限を確認してなるべく期限内に食べることをお勧めします。

せっかく食べるなら、美味しい方がいいですよね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事