市販で売り出されているうどん、誰もが一度は買ったことがあるでしょう。

市販のうどんは、乾麺、生麺、半生、茹で麺など種類は様々ですかそれらの賞味期限について考えたことはありますか?

もちろん乾麺はとても賞味期限が長く、常備食材としてもご家庭に一つはあると思います。

長くて3年ほど持つ商品もありますので置いておいても問題ないですよね。

しかし乾麺のうどんは茹で時間が少し長く、手間なくささっと料理をしたい!という時短を望む方には似合わないかもしれません。

そんな時は、うどんの中でも「茹で麺」を選ぶと良いでしょう。

そんな茹で麺について今回は賞味期限や美味しい保存方法についてご紹介します!

賞味期限 うどん 冷凍保存

うどんを冷凍保存した時の賞味期限

うどんには様々種類がありますが、冷凍保存できるうどんと言えば、「茹で麺」ではないでしょうか?

茹で麺はスーパーなどの冷凍食材コーナーに並んで冷凍されて売り出されていたり、冷蔵されているものもあります。

冷凍されているうどんはそのままご家庭でも冷凍庫保存をすれば良いのですが、冷蔵保存されている商品は、冷凍保存されている商品よりも賞味期限が短く、2~4日程度ですので、なるべく早めに食べないと美味しくいただけないのです。

そんな冷蔵保存されている茹で麺のうどんを賞味期限内でも美味しく食べることができるには、ぜひ「冷凍保存」をしてみてください。

賞味期限はそれぞれの商品に記載されていますが、これはあくまでもその商品が美味しく食べられる期間ですので、必ずともその期限内に食べなければならない!というものではないそうです。

ですので、茹で麺のうどんを購入してから、自宅で冷凍保存をすれば、冷蔵保存をするよりも品質が落ちるスピードが遅くなるので、実際には賞味期限が伸びる!という訳です。

スポンサードリンク

冷凍保存をしたうどんを美味しく食べる方法

冷凍保存をしたうどんを美味しく食べる方法をご紹介します。

  1. 冷凍庫から品物を取り出して、時間がある場合は自然解凍、時間がない場合は熱湯をかけましょう。
  2. そして、解凍されたうどんを1~2分熱湯でサッと茹でるだけです。
  3. 冷凍されたものは解凍するとたちまち品質が落ちますので、なるべく素早くゆであげましょう。
  4. 鍋に入れる際は、解凍した直後のまま茹でずに鍋に入れると麺がきゅっとしまり、美味しくいただけます。

まとめ

うどんを冷凍保存した時の賞味期限というのは、冷蔵保存よりも実際は少し長くなります。

どんな食材でも冷凍をすると品質が落ちるスピードが遅くなりますので、うどんもぜひ、すぐに食べない!という場合は冷凍してみてください。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク