市販で販売されているうどんはどれくらいもつのかご存知ですか?

どの商品にも賞味期限が記載されているのですが、実際にはどのくらい賞味期限があるのかご存知でしょうか?

今回は、そんな市販のうどんの賞味期限を種類別、製造方法別にご紹介します。

ぜひ、うどんご購入の際の参考にしてみてください。

賞味期限 うどん 2日 一週間 1ヶ月

うどんの賞味期限

うどんには乾麺、半生、生麺、手打ち麺、茹で麺と様々ありますが一番賞味期限が長いのは乾麺です。

1ヶ月以上で持つものは1年以上も賞味期限があります。

記載には消費期限と賞味期限に分かれており、賞味期限は乾麺と茹で麺・半生、消費期限は生麺と手打ち麺の記載です。

消費期限とは、その商品が製造された直後から急激に品質が落ちるものに記載されており、消費期限内に召し上がることをお勧めしています。衛生上もその方がいいです。

そして賞味期限は、その商品が美味しく召し上がれる期限を意味し、消費期限とちがってそれまでに絶対食べなければいけない!というものではありません。

食べる方の自己判断ではありますが、期限が過ぎてもその商品を食べることはできると言われています。

そんなうどんの詳しい賞味期限、消費期限を日が長い順にご紹介します。

 

  • 賞味期限5日~1週間程度:茹で麺
  • 賞味期限180日程度:うどん乾麺
  • 賞味期限1ヶ月~3ヶ月程度:うどん半生
  • 消費期限2日~4日:生麺
  • 消費期限1日~3日:自家製の手打ち麺

(これらは大まかな期日であり、メーカーによって変わります。)

スポンサードリンク

賞味期限内、消費期限内に美味しく食べるための保存方法

うどんは製造方法や種類によって賞味期限や消費期限が大きく変わることがわかりましたが、いく記載されている期限内でも保存方法が間違ってしまうと美味しく食べられません。

ぜひ。美味しく食べるために保存方法に一工夫してみてください!

  • 賞味期限180日程度:うどん乾麺

乾麺は、基本的に湿気の少ない場所で保存をしましょう。

湿気が多いとカビや虫が湧く原因となってしまいます。

そして開封済みで余った場合はチャック付きの袋にいれて冷蔵庫で保存するとカビ防止になります。

特に梅雨時期や夏場はお勧めです。

  • 賞味期限1ヶ月~3ヶ月程度:うどん半生

半生うどんは、常温もしくは冷蔵庫保存、冷凍庫保存をしましょう。

常温保存の場合、気温の高い場所は避けてなるべく冷暗所に置きましょう。

  • 賞味期限5日~1週間程度:茹で麺

茹で麺は、冷蔵庫保存でなるべく早めに召し上がることをお勧めします。

賞味期限で記載はされていますが、生麺に近いので賞味期限内に食べましょう。

  • 消費期限2日~4日:生麺

生麺はすぐに品質が落ちてしまうので、冷蔵庫保存をしてなるべく早く食べましょう。

  • 消費期限1日~3日:自家製の手打ち麺

これは言わずとわかると思いますが、早く食べた方が美味しいです。

時間が経つにつれ麺の水分が失われ、パサパサした食感になってしまいます。

消費期限内でしたら冷蔵庫保存をしましょう。

まとめ

このように、うどんの賞味期限(消費期限)は種類によって大きく変わりますので購入の際は食べたいペースなどを考えて買うことをお勧めします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク