朝食に夕食に、とソーセージの使い方はたくさんあるのでとても重宝する食材です。

種類も魚肉を使った物、豚肉を使った物と色々とあり、味の違いを楽しむことができます。

でも賞味期限には注意をしないと意外と短かったりするので気付いたら日切れになっている、ということもあります。

賞味期限 ソーセージ 真空パック

ソーセージ自体の賞味期限は短いのか

ソーセージは真空パックをされて販売されているものが多いです。

開封をしていなければ2週間ぐらいは賞味期限を保つことができます。

しかし開封済みは2~3日が目安と言えます。

それ以上の期間になったり、未開封でも常温で置きっぱなしにしてしまったソーセージは食中毒の可能性が高くなってきますので食べるのは避けた方がいいでしょう。

ソーセージは真空パックならいつまでも置いておけるのか

ソーセージは冷蔵、冷凍での保存が必須です。

常温で置いた場合にはすぐに傷んでしまいます。

未開封の場合、冷蔵なら2週間程度、冷凍なら1カ月ぐらいの賞味期限が保てます。

冷凍の場合は賞味期限が過ぎても食べることはできますがおいしさは時間の経過と共に失われていくのであまり長期間は置かない方がいいでしょう。

ただ真空パックについてはパッケージの状態によっては冷凍で1カ月以上の賞味期限を保つ物もあります。

スポンサードリンク

真空パックされたソーセージの注意点

真空パックにされた物は冷蔵、冷凍で保存をしておけば安全ですが稀に中で腐敗してしまい、袋が膨張してしまうことがあります。

窒素ガスが入っている場合は窒素ガスによる膨張なのであんしんですが、それ以外の場合は注意が必要です。

開封をして臭いや見た目に異常がないか確認をした方がいいでしょう。

水分が出ていたり、変色していたり、ネバり気がある場合は食べないで破棄をした方がいいです。

傷んだソーセージは食中毒を引き起こす可能性がかなり高いので食べる前に確認をするようにしましょう。

まとめ

家庭での活躍の場も多いソーセージですから、賞味期限には一層の注意をしていきたいところですね。

袋の膨張時や開封後は異常がないかを必ず確認するようにし、危険な食中毒という事態にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク