秋になると栗が楽しみですよね!

栗の木に栗がなっているのを見ると秋が来たのを実感します。

そんな栗ですが生の状態では結構日持ちがして常温でも1週間くらい持ちます。

ところが茹でた栗は賞味期限が変わるようです。

茹でた栗の賞味期限はどれくらいなのでしょうか。

賞味期限 栗 茹で

茹でた栗の賞味期限

茹でた栗の賞味期限は冷蔵保存で3日、冷凍保存で1カ月です。

生と違い、茹でてしまうと賞味期限が短くなるようですね。

茹でたらなるべく早めに食べるようにしましょう。

生の栗は常温でも保存できましたが、茹でた後の栗は常温で保存できません。

熱い季節に茹でた栗を置いておくとすぐに腐ってしまいます。

茹でた栗は必ず冷蔵庫か冷凍庫に保存しましょう。

茹でた栗の保存方法

茹でた栗の保存方法も見てみましょう。

冷蔵庫に茹でた栗を保存する場合は粗熱をとって、水気をしっかりとふき取っておきましょう。

それから密封できる保存用の袋にいれ、空気をしっかりと抜いてから冷蔵庫に保存します。

冷凍庫に保存する場合はまず、茹でるときに普通より固めに茹でておくのがポイントです。

冷凍すると柔らかくなるので、普通に茹でると解凍後に柔らかくなりすぎてしまいます。

茹であがった栗はしっかりと水気をふき取りましょう。

それから平たくラップに包んで金属製のトレーの上に並べて冷凍します。

金属製のトレーに並べると早くに凍らせることが出来るので、味の劣化を防ぐことができるそうです。

凍ったあとに密封できる保存用の袋に入れて空気を抜き保存しましょう。

スポンサードリンク

茹でた栗が余った時には甘露煮や渋皮煮もオススメ?

茹でた栗が大量にあって使いきれないとき、冷凍しても良いのですが、冷凍すると少し味が落ちてしまうのが気になるかもしれません。

そんなときには甘露煮や渋皮煮を作ってしまいましょう。

甘露煮と渋皮煮は砂糖で煮詰めるので保存が長くなります。

冷蔵保存で1週間くらい持ちますが、瓶に詰めて完全に密封させると6カ月くらい持つそうです。

まとめ

茹でた栗の賞味期限は生の栗に比べると短くなることが解りました。

茹でた後は早めに食べるようにしましょう。

また、すぐに食べられないようであれば茹でないでおいた方が良いかもしれません。

生の栗は冷蔵庫に入れておけば4~6週間も日持ちがします。

その日に食べられる量だけ茹でておいた方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク