玉ねぎと大根は料理で頻繁に使う野菜ですよね。

よく使用するので賞味期限がどれくらいなのかしっかり覚えておくと傷めて捨ててしまうことが無くなります。

また、玉ねぎと大根はカットしてから使い切れないことが毎回あります。

カットした後の野菜はカットする前よりも傷むのが早いですよね。

カットされると賞味期限はどれくらいになるのでしょうか。

賞味期限 玉ねぎ 大根 カット

玉ねぎと大根の賞味期限と保存方法

玉ねぎは湿気に弱いので冷蔵庫よりも常温で保存した方が良いでしょう。

保存するときは湿気が少なくて風通しが良く、暗いところがオススメです。

また、玉ねぎが売られている時に入っているネットに入れて保存すると良いでしょう。

また、玉ねぎ同士が重ならないように保存するのもポイントです。

玉ねぎは常温で保存すると1~2カ月は日持ちするそうです。

大根は葉っぱが付いているものは葉っぱをとった方が良いそうです。

保存するときは新聞紙に包んで立てて保存します。

大根は常温より冷たい場所での保存が向いています。

暑いところに置いておくとしわしわになって美味しくなくなるので冷蔵庫に保存しましょう。

大根の場合、冬は1カ月くらい日持ちしますが、夏場は1週間以内と短くなります。

スポンサードリンク

カットすると賞味期限はどうなるの?保存方法は?

カットすると空気に触れることで賞味期限が短くなります。

その為、空気に触れないように保存する事が大切です。

玉ねぎは半分に切ったものだとラップをして冷蔵庫に入れておけば1~2週間日持ちします。

スライスしたものは空気に触れる面が多いので更に日持ちが短くなります。

密封できる袋に入れてしっかり空気を抜いて2~3日くらいです。

大根は切った部分が乾燥しやすくなります。

半分に切った大根は全体をラップで包むか、湿らせた新聞紙に包み、切り口を上にした状態で冷蔵庫に保存すると4~5日日持ちします。

千切りした大根は空気に触れる面が多いので日持ちしません。

千切りした大根は当日中に食べましょう。

カットした野菜は細かければ細かいほど日持ちが短くなるので早めに食べた方が良いようです。

まとめ

玉ねぎと大根の賞味期限と保存方法について調べてみましたが、野菜の種類によって適した保存方法と保存場所が全く違うことが解りました。

また、カットすると傷みやすくなりますが、半分にカットした玉ねぎは意外と日持ちがするので驚きました。

一方千切りした大根はすぐに食べなければいけないので気を付けましょう。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク