塩麹は万能調味料なので常備して普段の料理に使用している家庭も多いのではないでしょうか?

塩麹には色々な使い道がありますが、肉に漬けるのがお勧めです。

塩麹で肉を漬けておくと安くて硬い肉が高い肉の様に柔らかく美味しくなるそうです!

さらに保存も長くなるそうです。

塩麹に漬けた鶏肉や豚肉はどれくらいの賞味期限なのでしょうか?

賞味期限 塩麹 鶏肉 豚肉

塩麹で漬けた豚肉や鶏肉の賞味期限

豚肉や鶏肉はそのままの状態だとあまり日持ちがしません。

ところが塩麹に漬けると保存性も高くなり、日持ちが長くなるそうです。

すぐに食べられないお肉があったときは塩麹に漬けておくと良いかもしれません。

塩麹で漬けると1週間くらい日持ちします。

更に日持ちさせたいときは塩麹で漬けておいてから、しっかりとラップに包んで密封できる保存用の袋にいれて冷凍保存すれば長期保存が出来ます。

また、鶏胸肉はパサつきが気になるお肉ですが、塩麹に漬けて料理に使うととてもジューシーで美味しくなるそうです。

安いお肉をたくさん買ってきたときに塩麹に漬けてから冷凍保存しておくと使う時も下味がついているのですぐ調理出来ます。

スポンサードリンク

塩麹に漬けた肉のレシピ

塩麹に漬けた肉料理は沢山あり、アレンジを楽しむことが出来ますよ。

塩麹の生姜焼き

豚肉で生姜焼きを作るときに塩麹で漬けておくとジューシーで美味しくなりますし、下味をしょうゆ・みりんの代わりに塩麹にすることも出来ます。

いつもと違う生姜焼きが味わえます。

鶏胸肉の塩麹焼き

塩麹に漬けた胸肉を焼くだけのとっても簡単な料理です。

忙しいときに良いですね。

ビニール袋に鶏胸肉一枚、塩麹大匙1を入れて良くもんでから30分漬けます。

そのあとに塩麹をふき取り、片栗粉をまぶして油を引いたフライパンに入れ、弱火でじっくり両面を焼きます。

塩麹に漬けることによってお肉の旨みが増しているので、シンプルにお肉の素材を味わう事が出来ます。

他にも塩麹に漬けてから揚げ、蒸し鶏にするといつもより美味しくなります。

まとめ

塩麹に漬けた鶏肉や豚肉は1週間くらい日持ちすることが解りました。

美味しくなるだけでなく保存も効くなんて一石二鳥ですね。

さすが万能調味料と言われているだけありますね。

塩麹があると今まで固くて避けていた鶏胸肉も柔らかくなりますし、肉料理のレパートリーも増えそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク