りんごは甘くて美味しい、そしてみずみずしく感じるフルーツ類です。

外側は真っ赤な皮に覆われていて大きさは大体拳サイズです。

日常的には食後に出されたり、お土産として送られたりしますよね。

子供からお年寄りまで愛されるそんなりんごです。

そんなりんごですが、時に料理の素材として使用されたりします。

みなさんはどんな食べ物を想像しますか?

バーモ○ドカレーとか思い浮かびますよね。

そのほかだとアップルパイの材料として使用されたりします。

アップルパイは作る過程でりんごを煮込み、りんごの甘煮として使用されます。

りんごはそのまま食べてもおいしいし、煮てもおいしい万能なフルーツです。

さて、そんなフルーツのりんごですが、りんごの甘煮の賞味期限はどれぐらい持つのか。

その説明をしたいと思います。

賞味期限 りんご 甘煮

りんごの賞味期限

りんごの賞味期限は常温保存だと二週間から一か月ぐらい持つと言われています。

りんごを他の食材として煮た場合、賞味期限はどんな変化をもたらすのか、それの説明をしていきます。

スポンサードリンク

りんごの甘煮の賞味期限は

りんごを煮て、アップルパイやパウンドケーキの材料として使用した後、余ってしまう場合がありますよね。

この余ってしまったりんごの甘煮はどう保存すれば長持ちするのか考えたことありませんか?

甘煮の賞味期限は大体一週間持つと言われています。

当然冷蔵庫に入れる必要があるので冷蔵庫に入れる込みでの賞味期限となります。

家庭で作る場合はどうしても雑菌が入り込んでしまうので出来れば一週間と言う目安に左右されないで早めに食べきることをお勧めします。

保存法としては容器を熱湯消毒させた後に甘煮を入れて冷蔵庫に入れましょう。

まとめ

りんごは素のままではなく、煮て他の食材の引き立て役としても活躍できます。

そんなりんごの甘煮は似てしまえば賞味期限は二週間から一か月の長さから一気に短くなります。

大体は一週間と言われていますが、傷みやすい食材ですので早めに食べきることをお勧めします。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク