フレンチフライ、ハッシュドポテト、肉じゃがや焼き芋など、普段私たちの日常的食生活に潜り込んでいるジャガイモは、まさに欠かせない存在になっています。

あなたの好きなジャガイモを使った料理は何でしょうか?

今日では料理だけに使われるのだけではなく、菓子などにも使われています。

そんなジャガイモを保存する場合、基本的な賞味期限はどれぐらいなのか気になりませんか?

一般的にジャガイモの賞味期限の目安は緑色に変色してしまったら食べられなくなると言われています。

でも保存環境によっては賞味期限を延ばすことは可能です。

今回はそんなジャガイモの保存について説明したいと思います。

賞味期限 ジャガイモ 目安

ジャガイモは湿気を嫌う

ジャガイモを保存する際、新聞紙などに包んでから冷暗所にしまい込んでしまいましょう。

なぜならジャガイモは湿気を嫌いますので。

丁寧にジャガイモ一つ一つに新聞紙を被せてやりましょう。

こんなかんじでしっかりと管理すればジャガイモの賞味期限を延ばすことが出来ます。

スポンサードリンク

光を当てないように

ジャガイモが食べられなくなる原因の一つが緑化です。

まずジャガイモの芽の部分は人間にとっては毒です。

当然、緑化にも関連しますので、緑色になったら危険だと思ってください。

ジャガイモはかなり生命力が高いです。

太陽の光などにあててしまうと光合成を始めます。

なので長持ちさせたい場合は新聞紙などで包んで冷暗所に入れましょう。

まとめ

ジャガイモはいろんな料理の食材として使われます。

でも料理を始める前に食材を手に取るといざ腐ってしまっていたら、テンションダダ下がりですよね。

ジャガイモの保存はきっちりと環境管理していれば大丈夫です。

でもそれでも心配でしたら、上記のような常温保存ではなく、普通に冷蔵庫の野菜室などに保存すればいいと思います。

そっちの方が明らかに長持ちしますのでおすすめです。

ちなみに常温保存でリンゴを一緒に入れて保存をすると長持ちするみたいですよ。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク