ジャガイモは様々な料理として使用される万能食料です。

紙のようにスライスして揚げればポテトチップスになるし、普通に細かく切ればフレンチフライにもなりますね。

煮て肉じゃがとして作ることが出来、お菓子としても利用されます。

そんな万能食材なため、家庭でも作ります。

ジャガイモを購入した後、その日のうちにジャガイモを使用した料理を作ってもジャガイモは余ります。

そのジャガイモを保存する際、どんな保存法が良いのか考えたことありませんか?

今回はそのジャガイモのいくつかの保存方法を説明します。

賞味期限 ジャガイモ 常温

ジャガイモの基本は冷蔵庫へ

ジャガイモの保存方法はいくつかあり、冷蔵庫に入れるか、そのまま常温保存があります。

大半は冷蔵庫に入れて保存するをお勧めされます。

大体一週間ぐらいの賞味期限だと言われています。

でも今回は常温保存する場合について説明します。

ジャガイモを常温保存する場合

購入したばかりのジャガイモを常温保存で保存する方法があります。

それは季節によって賞味期限も変わりますが、冬の場合常温保存で数か月ぐらい持つと言われています。

それ以外の季節で、ジャガイモを常温保存する場合は新聞紙に包んで、冷暗所に入れます。

ジャガイモは乾燥に弱いので常に空気に触れるのはあまりよくないと言われます。

できる限り密閉させた方が、賞味期限が伸びます。

スポンサードリンク

切ったジャガイモの保存する場合

ジャガイモは切ってしまうと、切る前のジャガイモと比べて賞味期限がかなり低くなります。

ラップなどで包み、空気に触れないようにすれば賞味期限の低下は抑えられます。

まとめ

家庭のお供の食材ジャガイモ。そのジャガイモはいくつかの料理として出されます。

ジャガイモの賞味期限は保存方法や環境によって変わります。

ジャガイモを常温保存する場合は新聞紙などで包み、冷暗所にしまう。

そして、切ったジャガイモはラップなどで包めば賞味期限の低下は少し抑えられます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク