バレンタインのチョコレート、有名ブランドから庶民的なものまで、毎年たくさんのものが出ていますね。

お世話になったあの方に、本命の彼に、印象に残るものをあげたい!

そんな時にオススメなのはこちらです。

賞味期限 消費期限 ブルガリ ハワイ チョコ バレンタイン

ラグジュアリーブランドのチョコレートブルガリ

最近では、アルマーニ、ブルガリ、グッチなどの高級ファションブランドでもチョコレートの販売をしています。

ブランドイメージに合わせたパッケージからも高級感が漂っています。

こんなのを貰えば、開ける前からわくわくしちゃいますね。

中でもブルガリは、世界で唯一チョコレート工房を持っている店舗があるのが銀座なのです。

世界中で東京にしかないなんて、びっくりですよね。しかも嬉しい事にネットショッピングでも購入する事ができるので、わざわざ東京まで行かなくても大丈夫です。

賞味期限は14日ほどあるので、バレンタイン前に準備しておいても大丈夫ですね。

スポンサードリンク


ゴディバはハワイ限定のパッケージが可愛い

チョコレートは中身の美味しさももちろんですが、パッケージの可愛さも大事だと思いませんか!?

ゴディバはバレンタイン限定のパッケージももちろん可愛いのですが、変化球でこんなものも印象に残りそうです。

チョコレートは以外と賞味期限が長いので、たとえば年末年始の旅行で行ったハワイで、バレンタイン用に購入しておく、なんてことも可能です。

旅行の時にもあなたの事を考えていた、というアピールもできちゃいそうですね。

まとめ

最近はバレンタインが近づくと、目移りするほど色々なチョコレートが発売されていますね。

贈り物にだけではなく、自分用にも購入するマイチョコ、という言葉もすっかり定着してきました。

ラグジュアリーブランドのチョコレートもマイチョコとして買う方も多いそうです。

ブルガリのものはなんと一粒¥1500するものあります!確かにこれはご褒美ですね 笑。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク