とうもろこしとブロッコリーは栄養も豊富で色採りやサラダにも活躍してくれるのであると助かる野菜ですよね。

しかし、どちらも茹でたとしても量が多かったりで食べ切れないんですよね。

そこで、茹でたとうもろこしとブロッコリーの賞味期限ってどのくらいあるのか気になったので調べてみました。

賞味期限 とうもろこし ブロッコリー 茹で

生とうもろこしと生ブロッコリーの賞味期限って?

まずは、とうもろこしとブロッコリーの茹でる前の生の状態での賞味期限ってどのくらい持つのか書いていきます。

生のとうもろこし

収穫した状態のとうもろこしを新聞紙で包み冷蔵庫のドアの部分に立てて保存して、3~4日くらい持つそうです。

冷凍保存の場合は1ヶ月も持ち、保存の仕方は皮は剥がさずにラップに包んで冷凍庫に保存すれば良いみたいです。

生のブロッコリー

賞味期限は冷蔵保存で2~3日くらいになり、保存の仕方はブロッコリーの周りの葉を取り除いてから、軽く湿らせた新聞紙またはキッチンペーパーに包んで、その上からさらにラップまたはポリ袋に入れて野菜室に立てて保存すると良いみたいです。

スポンサードリンク

茹でたとうもろこしと茹でたブロッコリーの賞味期限

茹でたとうもろこし

賞味期限は冷蔵保存の場合2~3日くらいを目安にしておくと良いみたいです。

また、とうもろこしは日に日に糖分が失われてしまうようなので、早めにゆでると美味しくいただけるみたいですよ!

冷蔵保存の仕方は、熱いうちにラップして冷めたら冷蔵庫に入れれば大丈夫みたいです。

冷凍保存の場合は約1ヶ月も持ち、保存する際は少し硬めに茹でて熱いうちに一本ずつラップして、冷めたらラップを取り水気をしっかりと取ったら再度ラップに包んで、ジップ付きの袋に入れて空気を抜いたら冷凍すれば大丈夫みたいです。

食べる際はレンジで温め直すか茹でるかして解凍すると食べられます!

茹でたブロッコリー

茹でたブロッコリーの場合は、冷蔵保存だと1~3日くらいしか持たなく生よりも短いんです。

保存方法は塩茹でをしたら、水気はしっかりと取り密封容器に入れて保存すれば大丈夫みたいです。

しかし、一度茹でると傷みやすいので早めに食べるようにしてくださいね!

もし食べ切れない場合は、冷凍保存すると約1ヶ月は持つみたいなので早めに冷凍しましょう。

冷凍保存方法は、ブロッコリーを小分けにして固めに塩茹でしたら、粗熱をしっかりと取り水気をよく切ってジップ付きの袋に入れて冷凍すれば大丈夫です!

解凍する際は自然解凍または電子レンジで20~40秒くらい温めれば大丈夫みたいです。

解凍後、ブロッコリーはシャバシャバになってしまうようなので注意が必要です。

まとめ

茹でたとうもろこしは冷蔵で2~3日、冷凍で約1ヶ月持ち、茹でたブロッコリーは冷蔵で1~3日と短く、冷凍で約1ヶ月持つことが分かりました。

どちらも、食べ切れない場合は冷凍するようにした方が良いみたいですね。

早く食べた方が美味しく栄養もしっかりとあるので、茹でたらその日の内遅くても翌日には食べ切るようにしたいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク