冷凍うどんは、購入しておけばいつでも好きな時にすぐに準備ができるのでとても重宝ですが、賞味期限はどれくらいあるのでしょうか?

また、ゆでうどんは冷蔵で販売されていますが、それを冷凍にして保存できるのかも気になりますね。

それぞれの賞味期限は異なるかもみていきます。

賞味期限 うどん 冷凍

冷凍うどんの賞味期限

冷凍うどんと家庭で冷凍にしたうどんで、それぞれの賞味期限の違いと変化を調べてみました。

冷凍うどん

冷凍うどんは、冷凍保存に特化した製法を駆使しているので、賞味期限は1年となっています。

かなり長い期間の冷凍保存が可能だと言うのが分かりますね。

しかし、複数が同梱されている冷凍うどんが多く、3袋のうち1袋使って冷凍保存した場合には、菌が発生することは、賞味期限2か月前でもありませんが、うどんの本来の光沢が損なわれているのはあります。

そもそも、-18度で冷凍保存した場合の賞味期限として設定されているので、家庭では一定の温度が保てないこともあるので、冷凍焼けも起こしやすいと考えられます。

開封をしてしまうことで残りの冷凍うどんが冷凍焼けする可能性が出て来ます。

こうなると食感も劣化してしまうので、出来るだけ早い段階で食べきるのが賢明ですね。

出来れば、賞味期限ぎりぎりまで保存をするのではなく、数ヶ月程度で食べるようにするのが美味しさを確実に味わえるポイントですので注意をして下さい。

スポンサードリンク

家庭で冷凍にしたうどん

一方、冷蔵のゆでうどんを家庭で冷凍にした場合は、製法も市販品のような厳密さもありませんので、美味しく食べるには、2週間程度を目安にしましょう。

冷凍焼けと言うのは、食品の表面から水分が蒸発してしまうと乾燥するので、脂質が酸化してしまったり、たんぱく質が変質してしまったりすれば、味も食感も劣化してしまいます。

やむを得ず冷凍をしても、あまり期間を置かずに食べるのがベターですね。

まとめ

冷凍うどんは、1年と賞味期限は長いので重宝しますが、家庭の冷凍室では賞味期限を定めた通りの温度を維持出来づらいので、出来れば早めに使うのがおすすめです。

また、冷凍にしたうどんも、さらに冷凍焼けのリスクが高いので早い時期に食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク