すぐに使えて便利なゆでうどんは、家庭でも重宝する食材として売れ筋ですね。

手軽なだけに、賞味期限はいつまであるのかも気になりますね?

安く購入出来るのでとりあえず目的はないけれど、買い置きしておこうと思うこともある食材です。

購入してから安心な保存方法も紹介していきます。

賞味期限 うどん ゆで

ゆでうどんの賞味期限

乾麺と違いゆでうどんは、賞味期限は基本的に製造してから4日が大半です。

これは、ゆでているためすぐにだし汁に調味料を入れることで気軽に食べることができる状態になっているためです。

安価で買いやすい

ゆでうどんは、スーパーで数多く取り扱われているので、見かけることも多いですよね。

四角くてビニールの袋に入っており数十円で購入できるため買い求め安くニーズも高くなっています。

手軽にすぐにうどんを作りたい時や鍋の具材に入れる時などその場でさっと準備ができるので利便性の高い食材として人気があります。

ゆでているから、乾麺のように数分間、ゆでる必要もなくすぐに使えます。

スポンサードリンク

冷蔵保存

4日間の賞味期限ですが、油断しているとすぐに日にちが切れてしまいます。

安いとつい買い置きしがちですが、使い切れなくなれば無駄遣いしてしまいますね。

賞味期限を知り冷蔵保存を確実にしましょう。

開封したら出来るだけ、一度で使い切るか加熱をしておきます。

残った場合は、しっかりとゴムでしめて保存しましょう。

乾麺ではないので、寒い季節と言っても常温のまま保存しないで下さい。

まとめ

ゆでうどんの賞味期限は、比較的、短い日数になっているのは、そもそも長期保存の目的がない食材だからです。

冷凍うどんや乾麺のような感覚で冷蔵庫に保存していると、ついうっかり賞味期限を過ぎてダメにしてしまったと言うこともあり得ます。

安価だとはいってもみすみす賞味期限を経過させてしまうのは、もったいないですね。

無駄なく使い切るように、計画的に購入して冷蔵保存しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク