お好み焼きやたこ焼きは、今では家庭でも気軽に作れるようになりました。

しかし、生地が残ってしまうことがありますよね?

作り過ぎてしまった生地をそのまま保存しても大丈夫なのかと思ってどうすればいいのか迷ったこともあるのではないでしょうか?

そもそも保存が可能なのか、賞味期限はどれくらいあるのかも、手作りだけに心配ですね。

賞味期限 お好み焼き たこ焼き 生地

保存の目安と方法

基本的に、お好み焼きやたこ焼きの生地は、野菜やシーフードなどが入っている状態なので保存はしない方がおすすめです。

出来れば、そのまま焼いてから保存をする方が安心です。

そのまま保存をしてしまうと、具材からの水分が出てしまうからです。

保存をせざるを得ないと思う時の方法と考えておきましょう。

保存の目安

お好み焼きやたこ焼きの生地をどうしても保存をせざるを得ないのであれば、1~2時間程度を目安にして下さい。

具材が入っているので、そのまま1日置いてしまうと水っぽくなり生地も本来の味わいにはなりません。

お好み焼きもたこ焼きもふんわりとした独特の食感や風味があってこそ、美味しく味わえるものですよね?

意外と保存できる時間は短いことを理解した上で作るようにしましょう。

スポンサードリンク

保存方法

お好み焼きやたこ焼きの生地の保存は、ボウルにラップをかけるのですが、空気に触れない状態で冷蔵保存をしましょう。

ボウルの上だけではなく生地の上にもラップをかけると少しは保存の状態を良くすることは出来ます。

短時間だけの保存だからと気を抜いて常温で保存をするのは避けて下さいね。

思わぬ劣化を招いてしまうことになる可能性もあります。

まとめ

お好み焼きやたこ焼きは、生地のままで保存をするのはやむを得ない時だと理解をしておくのが賢明です。

様々な手作りのお菓子では生地の保存が1日できる場合もありますが、具材の入るお好み焼きやたこ焼きは別物なので、注意をして下さいね。

あまってしまった場合には、焼いてから保存するのであればおすすめですし安心ですよ。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク