有名店のチャーシューの味を自分で作る事が出来ない物だろうか?

多くの方はそんな事を思い自家製のチャーシューに挑戦したりします。

チャーシューは作業が簡単なので自分で作ったりする人が多いですが、一度にたくさん作ってしまう為、その保存や賞味期限などが気になるところです。

賞味期限 自家製チャーシュー

自家製チャーシューの賞味期限はどれくらい持つ?

一度にたくさん作る事が出来るところが自家製の良い所ですが、ただ単にラーメンの上に乗せるだけの使い道だけではつまらないですよね。

できたチャーシューをどんな料理に使うか、またその賞味期限も夏と冬でも違いがある事をある程度、把握しておくことで楽しみも増えます。

自家製チャーシューの保存と賞味期限

たくさんできたチャーシューは、一度では食べきれない為、出来たてのチャーシューを小分けしてジップロップに入れて保存する必要があります。

その際に、出来れば真空の状態で保存すれば日持ちは更に長く持ちますが、手作りは防腐剤などを含まない為、持っても約1週間くらいだと思われます。

また、夏の場合と冬の場合でも違いがあり、夏は3日くらいで食べきる事が安全であり冬の場合であれば長く持つと考えられます。

更に冷凍保存すれば1ヵ月は持つものと思われますし、いつでも取り出して火を通せば安心して食べる事が出来るので便利です!

スポンサードリンク

自家製チャーシューの使い道

自分で味を付けた全くのオリジナルチャーシューである為、いろいろな食べ方で楽しみたいですよね。

長ネギとチャーシューをラー油で和えれば立派な酒のおつまみとして喜ばれそうですし、ラー油と和えている事からその賞味期限も長くなると思われます。

また、チャーハンの具材としても使う事ができますし、作りたてのものならチャーシュー丼としても喜ばれそうです。

自分で作ったチャーシューがいろいろな調理に応用できるなんて嬉しくもなり、作り甲斐がありますし、折角作ったオリジナルチャーシューですから無駄にならないようにすべて使い切りたいところです!

まとめ

自家製チャーシューの場合は、防腐剤などを使っていない全くの無添加な食べ物である為、いろいろな料理に使い早めに食べきる事が良いようです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク