スーパーなどでは真空パックに詰められたトウモロコシを並べていたりしますが、これは採れたての新鮮なトウモロコシを茹でてそのまま真空パックにしたものである為、美味しいですよね。

しかもレンジで温めるだけで食べられるので手軽なところが魅力です。

また、缶詰も良く見かけますし料理の具材にも使う事もあります。

ところで、真空パック詰めのトウモロコシや缶詰などの賞味期限はどうなっているのでしょうね。

気になるところです!

賞味期限 とうもろこし 真空パック 缶詰

トウモロコシの真空パック詰めや缶詰の賞味期限はどのくらい?

トウモロコシは鮮度や糖度が時間と共に失われる為、採ってからすぐに茹でる事で美味しく食べられることから、大量生産の場合、日持ちのする方法で消費者に提供しています。

トウモロコシの美味しさや風味を損なうことなく届けられる方法としては真空パックや缶詰が最もな方法かと思われます。

また、加熱滅菌を行っている為、賞味期限もそのままの物より長く持つようです。

トウモロコシの真空パック詰めの賞味期限

手軽に食べられることからトウモロコシの真空パックが人気を集めているようで、スーパーなどでも良く見かけるようになりました。

また、新鮮なまま熱処理した物を真空パックにする為、賞味期限も比較的長く持ち未開封の状態であれば製造日より1年くらいは日の当たらない場所で常温保存でも可能だと言う事です。

スポンサードリンク

トウモロコシの缶詰の賞味期限

缶詰はかなり古くからあり、もう一品欲しい時には常備しておくことで助かる場合がありますよね。

新鮮な物を缶に詰め、中の空気を抜いて加熱滅菌をしている為、雑菌が入らない分賞味期限もかなり長く持ちスイートコーンなどは、製造日より24か月~36か月も持つようです。

更に最近では技術開発も進歩しており高真空缶詰と呼ばれる製造方法によって原料の持つ風味や栄養成分を保持でき日にちも長く持つようです。

まとめ

真空パックや缶詰のトウモロコシは、出来たての食感は得られないまでも、最新技術などにより風味を損なわないまま美味しく食べられるようになっています。

また、トウモロコシは季節の食べ物だったのが、一年中通して食べる事が出来るようになり、料理の幅も広がりそうですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク