よく切り身などで見かけるカレイ。

から揚げや煮つけにするととても美味しいカレイですが、カレイなどの魚を冷凍保存した時、どれくらいで食べきった方がいいのかご存知ですが?

冷凍した魚の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

そして解凍する時の注意点などはあるのでしょうか。

賞味期限 カレイ 冷凍

カレイの冷凍の仕方と解凍のコツ

カレイなどの切り身の魚は、すぐに食べなければ冷凍保存すると思いますが、そのままパックのママ冷凍するとどんどん冷凍やけという現象に陥ります。

生のままの魚を冷凍した場合の賞味期限は2~3週間くらいですが、きちんと容器から出して水分をしっかり拭いて、一枚づつラップでくるんでください。

空気に触れることで乾燥や冷凍やけを起こしてぱさぱさでとても美味しくない魚になってしまうからです。

カレイをもし煮つけにする予定でだれば、冷凍前に煮つけにしてしまい、冷ましてから煮汁ごと冷凍することをおすすめします。

こうすることによりぱさぱさすることもなく美味しく食べることが出来ます。

スポンサードリンク

解凍するときの注意点とは

折角包んで空気に触れないようにして、大体風味が失われていく3週間くらいを目安に食べたとしても、解凍の仕方で全然味が変わってきてしまいます。

解凍する時は低温でじっくり解凍がおすすめです。

できれば冷蔵庫で解凍が最適です。

常温解凍だと解凍しすぎてしまい、菌が繁殖する恐れがあるからです。

品質を落とさない為にも安全面でも低温でゆっくり解凍がいいでしょう。

しかし時間がないなどといった場合は氷水解凍がいいでしょう。

短時間で解凍はできますが、その際に水がかからないように注意が必要となります。

煮つけはそのまま鍋に入れて温めだけなのでとても便利です。

カレイのような魚は長期保存するには調味料で漬け込むのが一番いい冷凍方法です。

味噌や酒粕、しょうゆなどで乾燥も防げますし味が染みてとても美味しく仕上がるのでカレイの煮つけにはお勧めの冷凍方法です。

まとめ

魚の賞味期限を延ばすにはきちんとした冷凍方法と解凍方法が重要だという事がわかりました。

カレイに関しては煮つけにしておくと美味しさを保ったままだいぶ長い賞味期限で食べることが出来る上、解凍も簡単なようなので、カレイを冷凍保存する時には煮つけにした方がいいでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク