卵とベーコン、どちらも朝食として人気のあるメニューで燻製だとおつまみとしておいしくいただけるメニューですね。

燻製は煙で燻すことにより、材料に煙の独特な香りがつくのが特徴で、その香りも楽しみながらおいしくいただくことができます。

ですが食べ物ですのでしっかり賞味期限以内には食べないと味が劣化しておいしくなくなってしまいます。

賞味期限 卵 ベーコン 燻製

燻製にした卵とベーコンは早めに食べるべき?

燻製は食べ物を長く持たせるための保存方法ではありますが、燻製にした物は乾燥して冷えた場所に置いておかないと長持ちすることはできません。

ですが製造方法によっても少々異なります。

卵、ベーコン共に手作りの燻製は保存料を使用しない場合が多いので長持ちはしませんが、市販されている物で滅菌と真空パックにされた物、または冷凍された物は長い物で半年は賞味期限を保てる物もあります。

燻製の卵とベーコンの賞味期限を延ばす最適な保存方法

燻製にした物も冷蔵庫での保存をしなければすぐに傷んでしまいます。

特に水分を多く含む卵の場合はたとえ燻製にしても、2~3日で消費をしなければ賞味期限よりも安全に食べられる消費期限の方が引っかかってくるでしょう。

卵は生ならそれなりに日持ちしますが、ゆで卵は日持ちをしません。

燻製に使うのはゆで卵なのですが燻製にしたとしても水分を全て蒸発させることが難しいため、傷みが早いと言えます。

一方のベーコンは市販されている未開封の物は賞味期限を長く保てます。

しかし開封後は空気に触れたことで酸化が進んでいくため、冷蔵庫で保管をしていても1週間が目安といっていいでしょう。

スポンサードリンク

卵とベーコンは手作り燻製に使いやすい食材?

燻製の特徴はなんと言っても香りです。

煙の香りを移すことでいつも食べる物とは味わいが変わり、ワインを飲む際のおつまみとしてバッチリ合います。

特にベーコンは肉や魚に比べ、元から水分が少ないので燻製を手作りする場合は初心者でも手の出しやすい食材です。

卵もわりと安価に手に入る食材ですので、もし手作り燻製に失敗しても高い食材より少しは安心できるでしょう。

燻製を手作りする際には最初は卵とベーコンから、慣れてきたら色々な食材にチャレンジをしてみるといいでしょう。

まとめ

市販か手作りかで燻製の賞味期限は大きく変わってきます。

ですが手作りの燻製ができるようになれば好きな時に卵やベーコンの燻製を楽しむことができますね。

元は保存食として燻製という手法が使われていましたが最近では趣味として人気を集めているのでぜひチャレンジしてみて下さい。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク