鶏肉、豚肉、馬肉と燻製という製法はどんな肉でもスモークすることができます。

油を使わない製法ですのでとてもヘルシー。

ダイエット中の方や油っこい物が苦手だけどお肉が食べたいという方にもオススメです。

ですが賞味期限は短めなので注意をしないとおいしく食べられる期間を過ぎていた、という事態もありえます。

賞味期限 馬肉 鶏ささみ 燻製

馬肉や鶏ささみを使った燻製の賞味期限は?

肉を使った燻製は手作りの物でも市販の物でも開封後、冷蔵庫に入れて1週間ぐらいと言えます。

冷蔵庫からの出し入れの頻度、食べている時に常温で置かれている時間も考えると1週間もてばいい方でしょう。

賞味期限が切れても異臭やカビ生えがなければ食べることはできますが、風味も時間の経過と共に落ちてしまい、お腹を壊す可能性もあるので食べる際は自己責任と心得なければなりません。

馬肉や鶏ささみの燻製はとてもヘルシー?

アスリートは身体を維持するために鶏肉、特にムネ肉やささみをよく食べています。

鶏肉はたんぱく質を多く含んでいて脂肪は少ないのが魅力的です。

鶏肉に比べると食べる機会は少なめですが実は馬肉も同じようにヘルシーで栄養価も高いです。

燻製となると油を使っていない調理方なので元からヘルシーな馬肉、鶏肉のヘルシーさを変えることのないまま食べることができます。

スポンサードリンク

肉類の賞味期限を保たせるには?

馬肉、鶏肉共に肉類は冷蔵庫で保存をしても3~4日くらいに使い切ってしまわないと変色したり、ドリップが出て旨味がなくなってしまいます。

燻製にした肉はもう少し賞味期限を保てますが目安としては1週間というところです。

あまり長い冷蔵庫保存でも劣化による風味の低下や燻製の香ばしい匂いが消えてしまうことがあるのでおいしく食べるならパッケージ開封後、1週間以内がいいでしょう。

まとめ

燻製だと長く保存が効くイメージでしたが意外と短いので注意が必要です。

どんな物でも食べ物は開封したら早めに食べてしまうのが賞味期限以内に食べられるコツですね。

ヘルシーで栄養価もある馬肉の燻製、あっさりとしていて香ばしいささみの燻製。

せっかく手に入れたらおいしく食べられる賞味期限以内に食べ、味を楽しみたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク