今は色々な物が簡単に購入でき、食べることができます。

その一方で色々な食べ物を手作りすることも流行っています。

燻製もその1つです。

手作りの物だと材料も過程もわかっているので安心して食べることができますね。

ではその手作りした燻製はいつまで日持ちをしてくれるのか、調べてみました。

賞味期限 手作り 燻製

燻製自体の賞味期限は長い?

燻製とは肉や魚などを塩漬けにして煙で燻した製法のことをいいます。

食べる際に独特な匂いがするのが特徴です。

そして燻製は冷蔵庫等がなかった時代に食べ物を長持ちさせるための保存方法でもあります。

塩漬けにすることで食材に含まれる水分を出し、煙と熱にさらすことで乾燥と煙の膜を付け、腐りにくくすることができます。

手作りの燻製は賞味期限が短い?

燻製は賞味期限を長くする保存方法ではありますが燻製にしたからといって、常温で保管をしておけるものではありません。

燻製も空気にさらしておくと傷んできてしまうので1番は涼しく、乾燥した場所での保管です。

一般家庭の中でいうと冷蔵庫でしょう。

ただ手作りの場合はよほど燻製の腕前が上達しないと塩漬けにして水分を抜く工程や乾燥させる工程にムラが出てしまうので市販の物よりも賞味期限は短いと言えます。

期限は燻製にした材料にもよりますが水分が多ければ多い物ほど傷んでしまうのは早いです。

手作りは保存料も使用していないのでパリパリに乾燥している物なら1週間程度、水分を含んで柔らかい物なら2、3日で食べてしまった方がいいでしょう。

スポンサードリンク

手作りの燻製の保存方法は?

燻製にした物、特に手作りは早めに消費をしてしまった方がいいので基本的には冷蔵庫保存でいいでしょう。

ただどうしても長く賞味期限を保たせたい場合は冷凍する手もありますが、材料によっては冷凍が効かない物もありますので注意して下さい。

燻製を長く、おいしく食べられる状態で保存するには作る段階でいかに乾燥させているかが大事です。

作業工程は慣れるまで難しいですが塩にさらす塩漬けも水にさらして塩を抜く塩抜きも、そして風や日にさらす乾燥も、煙を浴びせる燻煙も。

いかに作業に時間を費やしたかによって燻製の味や賞味期限は変わってくるものです。

まとめ

燻製も手作りできるようになると色々な物を燻製にし、味を楽しむことができますね。

手作りは市販よりも賞味期限は保つことが難しくなってしまいますが、たくさん作ってシェアするのもよし、自分でたくさん食べるのもよし、ですので燻製にするという調理法をぜひ楽しんでみて下さい。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク