お湯を入れるだけでできるカップ麺はおやつに、小腹が空いた時にと日常で大活躍をしています。

しかしカップ麺というと中の麺に気を取られ、スープや具材をあまり気にしていない方も多いでしょう。

実は付属の液体スープにも賞味期限が設定されているのです。

賞味期限 カップ麺 液体スープ

カップ麺の液体スープの賞味期限はどれぐらい?

カップ麺は保存食品ですので、麺自体の賞味期限が製造日から6カ月間とわりと長い期限の設定がされています。

買い置きしておいてもふとした時に食べられるのが魅力ですが、しまいこんでしまって食べるのを忘れていたという方も多いでしょう。

そんな時に賞味期限を気にしますがパッケージに表記されているのは麺の賞味期限だけです。

付属の液体スープの賞味期限は袋に書かれているので確認をするにはカップ麺を開封しなければなりません。

製造元によって違いはありますが、液体スープは麺よりも長い賞味期限が設けられていますので麺の期限が切れていなければ、液体スープの賞味期限は心配しなくてもいいでしょう。

賞味期限の切れたカップ麺の液体スープは食べても大丈夫?

お腹のデリケートな方はやめておいた方がいいかもしれませんが、カップ麺は賞味期限を多少過ぎたぐらいでは食べられると言えます。

もちろん食べる際には開封時に異臭がしないか、カビや変色がないかを確認した方がいいでしょう。

カップ麺によっては中に味の決め手となる液体スープがアルミ袋で入っています。

スープにも賞味期限は設けられていますが、カップ麺よりも長い期間が設けられているので麺が多少の日切れぐらいでは安心して食べることができます。

ただし穴が開いていたり、破れていた場合は密封が保てていないので腐っている可能性があります。

食べるのは避けた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

未開封カップ麺の液体スープは安全に食べられるのか

カップ麺が未開封でも、カップ麺自体の賞味期限が数カ月も1年も過ぎていた場合は中の液体スープの賞味期限も切れている可能性があります。

賞味期限が1カ月過ぎたぐらいならあまり気にせず食べられますが、数カ月も過ぎると麺も傷んでしまい、食べたらお腹を壊したという話もあります。

未開封のカップ麺でも食べる際は中のスープの賞味期限も確認した方が確実に安全に食べることができるでしょう。

まとめ

あまり気にしていなかったカップ麺の液体スープですが食べ物である以上、賞味期限が存在します。

カップ麺にスープを入れ忘れ、ずっと冷蔵庫にしまい込んでいたけど使ってみようかと思う場合は密封されたスープといえど、賞味期限を確認した方がお腹も壊さず安全に食べることができますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク