どんな季節でも食卓に華を添えてくれるきのこですが、特にしめじはその中でも代表格の品種と言ってもいいのではないでしょうか。

醤油とバターで炒めても良し、鍋に入れても美味しいとっても便利な食材です。

ここでは、そんなしめじの賞味期限についてなどを詳しく紹介していきましょう。

賞味期限 しめじ ぬめぬめ ぬめる

しめじの保存方法と賞味期限

しめじは購入してきたパックから出して保存しましょう。

水につけると傷みやすくなるので洗わずに新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

そういった場合は賞味期限は1週間程度が目安になります。

しめじは冷凍保存をすることも可能で、根っこの部分にある石づきを取り除きバラバラにしてジップロックやタッパーなどにいれて冷凍庫に入れて保存しましょう。

2週間~1ヶ月程度まで賞味期限が伸びます。

戻す時は解凍させると水っぽくなってしまうので解答させずそのまま調理してしまいましょう。

更にはしめじを乾燥させて保存する方法もあります。

冷凍保存と同じように石づきを取り除いてバラバラにしてからカゴなどに並べて天日干しさせます。

3、4日程で乾燥して完成です。

乾燥しめじは賞味期限がぐんとのびてくれ1年程度もってくれます。

保存方法によって賞味期限に大きな差があるのでどんな場面で使用するか見極めて保存方法を決めましょう。

スポンサードリンク

しめじが傷んでしまったらぬめぬめに?!

しめじが傷むとまずにおいが変化してきます。

ツンとした酸っぱいような異臭がし始めます。

そして、触ってみるとぬるぬるしたようなぬめりを感じるようになります。

そして全体的に水気が多くなるので、そうなった場合は確実に傷んでしまっているので無理して口にしないように注意しましょう。

百害あって一利なしです。

まとめ

ここまで、しめじの保存方法や賞味期限などについて詳しくみてきました。

しめじは、傷んでしまった時も比較的変化が著しいので気がつくことが出来るでしょう。

見えないだけでカビなども生えてしまっている可能性もあるので、もったいないからと言って食べないようにしましょう。

check市販の野菜は農薬だらけ・・・安心して食べ物を食べる為の方法とは!?
 
スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク