舞茸は食卓によく登場するきのこですが、昔は希少価値があり「幻のきのこ」と言われていたそうです。

今の時代はスーパーで普通に変えてしまいますが、昔はそうでは無かったのですね。

そんな舞茸の賞味期限ですが、袋には記載されていないのでどの位なのかわかりませんよね。

あまり日持ちはしなかったと思うのですが、舞茸の賞味期限はどの位なのでしょうか。

賞味期限 舞茸 一週間 二週間

舞茸の賞味期限は?

舞茸の賞味期限は冷蔵庫に保存して2.3日くらいです。

きのこは舞茸以外にえのきも2.3日くらいの日持ちで、買ってきたときの袋に入れた状態だとあまり日持ちしません。

保存するときは袋から出しで濡れたペーパータオルで包み、ビニール袋に入れて保存すると良いようです。

舞茸を一週間から二週間保存させたいとき

舞茸は冷蔵保存だとあまり保存が長くないので使い切れないときは困ってしましますね。

そんなときには冷凍保存しましょう。

舞茸は冷凍保存すれば長く保存が可能です。

一週間から二週間は保存する事が出来ます。

冷凍すると多少風味や食感、味は落ちてしましますが、問題なく調理に使う事が出来るようです。

ただ、きのこの水分が出てしまうので自然解凍はしないでそのまま味噌汁や炒め物などに使用しましょう。

スポンサードリンク

舞茸の鮮度の見分け方

スーパーに売っている舞茸は天然のものではなく人工栽培の舞茸だそうです。

山で育った天然の舞茸はとても肉厚で香りも良いです。

鮮度によって味が変わるので買うときにも出来るだけ鮮度のいい舞茸を選びたいですよね。

鮮度のいい舞茸にはどのような特徴があるのでしょうか?

新鮮な舞茸の特徴ですが、舞茸の茶色いかさの部分がはっきりした色をしている、肉厚、茎の部分が真っ白、軸の部分が閉まっている等の特徴があります。

人工栽培の場合も天然の場合も賞味期限はほとんど同じで2.3日くらいのようです。

また、どちらも同じように冷凍保存が可能です。

天然の舞茸は特にとれたてが香りも味も良いので出来れば味が落ちないうちに食べておきたいですね。

まとめ

舞茸の賞味期限は冷蔵で2.3日とあまり日持ちがしないので、出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

食べきれないときは、多少味は落ちてしましますが冷凍保存すると長く保存できます。

9月~10月になると舞茸の美味しい季節になるので、天然の舞茸を沢山もらって食べきれないときは冷凍保存すると良いかもしれません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事