調理されていない状態で買ってくると、なかなか一回で使い切ることが難しいのがごぼうですよね。

大きいものでは、冷蔵庫や冷凍での保存など考える人もいるのではないでしょうか?

今回は、ごぼうの賞味期限について保存方法から調べてみたいと思います。

賞味期限 ごぼう 冷蔵庫 冷凍

ごぼうを冷蔵庫で保存

ごぼうを冷蔵庫で保存したらどのくらい賞味期限があると考えてよいのでしょうか?

保存の方法と一緒に考えてみることにします。

ごぼうを冷蔵庫で保存

ごぼうを保存するのには0℃あたりが適しているようです。

冬場は常温でも大丈夫かもしれませんが、夏は冷蔵庫に保存したほうが良さそうです。

その際、土を洗い流して新聞紙に包み、ポリ袋に入れて保存します。

新聞紙は軽く湿らせて使い、野菜室が保存場所に適しているようです。

冷蔵庫での賞味期限は

どのくらい賞味期限があるのか調べてみました。

保存の仕方によって異なりますが、土がついている状態で冷暗所の保存なら1~2週間程度、洗った後に保存したのなら3~5日程度とされているようです。

しかし、ごぼうを切った状態で保存しているものはさらに早くなりそうです。

切り口から傷みやすくなるので注意してくださいね。

スポンサードリンク

ごぼうを冷凍保存

次に冷凍保存にしたときの賞味期限と保存方法について考えてみましょう。

手間がかかるかもしれませんが、調理の時には冷凍保存されているものが使いやすいことも多いですよね。

ポイントは冷凍する前の処理が大切になるようです。

ごぼうを冷凍保存

冷凍させる人もいますよね。

この時には、土をしっかりと洗うことが大切だと思います。

解凍してからそのまま調理に使うことを考えて、ささがきの状態などにしてから小分けして冷凍する方法が一般的だと思います。

冷凍させる時には、水分をキッチンペーパーなどで拭くなどして余分な水気を取り除きましょう。

冷凍保存の賞味期限は

野菜を冷凍したら1ヶ月くらいを目安に使い切る人も多いと思います。

ごぼうも同じく1ヶ月程度を賞味期限と考えた方が良さそうです。

冷凍していれば長期保存が可能ですが、やはり味は落ちていく可能性があるので早めに食べてしまうことが良いのかもしれません。

まとめ

生の状態で購入したら、一度には使い切ることができないかもしれません。

しかし、野菜にも賞味期限があるので上手に保存して、美味しい状態で食べたい気持ちはありますよね。

用途によって、冷蔵と冷凍の保存を使い分けたいと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク