手作りのお菓子、たくさん作ったからお裾分けしよう!あるいは、もらう方の立場になった事がある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、賞味期限ってどうなんだろう?気になった事はありませんか。今回は手作りお菓子について見ていきましょう。

賞味期限 消費期限 手作り チョコ お菓子

手作りチョコ・手作りお菓子の賞味期限について

手作りお菓子は、保存料などが入ってなく、安心して食べられる一方、賞味期限は短いと考えて頂いた方がよいでしょう。

特にシュークリームやデコレーションケーキといった生菓子といわれるものは、2日ほどが限度です。店舗で販売しているものも、よく見ると賞味期限ではなく、消費期限と記されているものが多いのもそのためです(基本的に賞味期限は傷みにくいもの、消費期限は傷みやすいものに表示が義務つけられています)。

そして家庭ではお店の様に帽子や手袋をしたり、毎回消毒しながら作ることはないと思われるので、さらに傷みやすく、早めに消費してしまうのがオススメです。

お菓子の種類によっても日持ちの程度が変わります。冷蔵庫で保存した場合の日持ちは、カスタードクリームを使ったものは1日生ケーキで2日プリンやゼリーなら3日焼菓子で5日くらいを目安にして下さい。この違いは、水分が多いものほど傷みやすい傾向にあるからです。

スポンサードリンク


例えばシフォンケーキは、焼菓子の中でも材料の中に水分が多いため傷みやすいのです。ちなみにガトーショコラなどのチョコレート系は、チョコレート自体に防腐効果があるので、他のお菓子よりは長くなります

では、手作りしたお菓子をプレゼントしたいけれども、渡せるのはちょっと先になりそう・・・という時はどうしたらよいのでしょう?

そういう時は、プリンやゼリー以外なら冷凍保存がおすすめです。素材によっても異なりますが、冷凍庫で1ヶ月ほどが目安です。解凍は冷蔵庫ですると、風味も損なわれにくいです。

また、調理や保管の際にも水気は厳禁です!調理器具に水がついていたりすると、できたものも傷みやすくなりますし、焼きたての熱いものを冷めてないうちに包むと水分がこもりカビの原因になります。

せっかく作った手作りのお菓子。ちょっとした事に気をつければ、最期まで美味しく食べられますね。

まとめ

保存料が入っていない手作りのお菓子。安心して食べられますが、その分傷みも早いんですね。時間が経過し、傷んでしまったものを口にしては、折角の安全さも台無しです。たくさん作りすぎてしまった時などは、早めに冷凍保存しておくと、美味しいまま食べきる事ができそうですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク