ウォーキングのお供に、また、スポーツクラブでは必需品として、ペットボトルに入ったミネラルウォーターを常備されている方も多いでしょう。

水道水には、「消毒薬としての塩素やトリハロメタン」が含まれているので、特に神経質な方などは「水道水は飲みたくないからミネラルウォーターを飲む」というのも理由の一つに挙げられるでしょう。

塩素やトリハロメタンは、雑菌(大腸菌など)の滅菌目的で入れられます。

ですが、毒性を気にするような濃度ではなく、水道水を飲んでも体に害はありません。

衛生管理が徹底している日本の水道水の安全レベルは、世界各国に比べてもかなり高いといえます。

さて、ペットボトルで持ち運びできるミネラルウォーターはとても便利なのですが、賞味期限はいつまでなのでしょうか?

また、人気のあるミネラルウォーターの比較なども挙げてみました。

賞味期限 ミネラルウォーター 比較

ミネラルウォーターとは?賞味期限や、人気のあるミネラルウォーターの比較など

ミネラルウォーターとは何でしょう?

健康に良さそうなので、なんとなく飲んでいるということもあるのでは?

ミネラルの定義は、「栄養素としての無機質で、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、燐(りん)、硫黄、鉄などの無機塩類を指し、ごく少量で生理機能に重要な作用を及ぼす」とされています。

なので、ミネラルウォーターというのは、それら栄養素としての無機質が含有されている水、という意味合いになるかと思います。

ペットボトルに詰めて売っている水の全てがミネラルウォーター、とざっくりと一括りに考えがちですが、実は大きく4種類に分類することができるのです。

  • 天然水(ナチュラルウォーター)
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター

の4種類です。

  • 天然水(ナチュラルウォーター):天然の水源から採った水であり、加熱、滅菌、ろ過以外の処理をしてはいけないことになっています。この場合、ミネラル成分の有り無しは関係ありません。
  • ナチュラルミネラルウォーター:天然の水源から採った水であり、加熱、滅菌、ろ過以外の処理はしてはいないが、ミネラル成分が入っている水のことを指します。
  • ミネラルウォーター:ナチュラルミネラルウォーターの水の中に、ミネラル分を人工的に調整して混入し、加工してある水のことです。その中には、品質の異なった水を数種類混合して、水の成分を調整しているものもあります。
  • ボトルドウォーター:原水や処理方法が、天然水(ナチュラルウォーター)、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターと異なっている水のことを指しています。

賞味期限

「生水を飲んだらお腹を壊すよ」と警告まじりに言われたことがありませんか?

生水を飲むと衛生上良くない、という教訓がその言葉の中に凝縮されていると言えます。

水に関してのこうした衛生観念が優れている日本のミネラルウォーターには滅菌処理が義務付けられています。

国内製造のミネラルウォーターは、開封前では常温保存や冷蔵保存に関係なく、ボトルなどに記載表示されている賞味期限通りです。

1.5~2リットルサイズで2年ほど、550ミリリットルサイズで1年ほどとされています。

勿論、各々の商品によっても賞味期限の記載はその都度異なりますので、詳細はボトルの表示を見て確認してください。

ヨーロッパのミネラルウォーターは、滅菌は義務付られてはいません。

なぜなら、採取する水源近くの環境保全が完璧に成されている、と考えられているからです。

ボトルに表示されている賞味期限内に飲みきれば大丈夫でしょう。

賞味期限を過ぎたら、ミネラルウォーターを飲むことがたちまち不可能になるのか、ということではありません。

賞味期限とは、ミネラルウォーターを美味しく飲める期間のことを指しています。

滅菌されたミネラルウォーターを詰めて密封していても、完全に無菌にするのは非常に難しいことです。

時間が経過すれば、微量の菌が発生し、増殖してしまう可能性も全くないとは断言できません。

更に、ペットボトルの保存容器には気体の透過性がありますので、長期間そのままにして放っておけば、いずれは周囲の「臭い」がペットボトル内に混入し、水自体にその臭いが移ってしまう可能性があります。

そうすると風味は確実に落ちてしまいます。

以上のことを考えると、「美味しくミネラルウォーターを飲むには賞味期限内に飲みきること」が一番望ましいと言えます。

「ミネラルウォーター」……日本と海外とを比較すると?

日本のミネラルウォーターは、軟水が多く、口当たりがまろやかで飲み易いです。

海外のミネラルウォーターは、硬水が多く、ちょっと飲みにくく感じる口当たりと喉ごしです。

マグネシウムやカルシウムのミネラル含有量が、日本のミネラルウォーターと比較して多く含まれているためです。

口の中に含んでも、飲み下すのに少し抵抗があるような感じです。

硬水で有名なミネラルウォーターには、ダイエットに使用されるコントレックスがありますよね。

人気のあるミネラルウォーターの比較など

以下は、水・ミネラルウォーターの人気売れ筋ランキング10位まで(2017/02/28 ~ 2017/03/06)の集計結果です。

http://kakaku.com/drink/water/ranking_7667/

1位→サントリー 天然水(南アルプス) 2L ×6本(硬度:軟水)

2位→日本コカ・コーラ 森の水だより 2L ×6本(硬度:軟水)

3位→キリンビバレッジ アルカリイオンの水 2L ×6本(硬度:軟水)

4位→クリスタルガイザー アルパインスプリングウォーター 500ml ×24本(硬度:軟水)

5位→ネスレ コントレックス 1.5L ×12本(硬度:硬水)

6位→キリンビバレッジ ボルヴィック 1.5L ×12本(硬度:軟水)

7位→日本コカ・コーラ い・ろ・は・す(ILOHAS) 555ml ×24本(硬度:軟水)

8位→日田天領水 日田天領水 ミネラルウォーター 2L ×10本(硬度:軟水)

9位→ダノン エビアン 1.5L ×12本(硬度:硬水)

10位→サントリー 天然水(南アルプス) 550ml ×24本(硬度:軟水)

こうして比較すると、飲み易い軟水のミネラルウォーターが多くの方に好まれているのがよくわかります。

まとめ

開封後のミネラルウォーターは、できるだけ早く飲みきってください。

開封した瞬間から、細菌による腐敗が始まってしまいます。

ミネラルウォーターの蓋を開けっ放しで机上に置いておいたりなどすれば、埃や塵と共に空気中に混在する雑菌が混入します。

時間の経過とともに、(特に夏場などでは)菌が爆発的に増殖してしまうでしょう。

また、ペットボトルに口を直接つけて飲んだりすれば、口中内に残留していた食物や口内の細菌がボトル内に混入してしまいます。

知らぬ間に口中内の残留物がボトル内に混入し、それを商品管理の甘さだと生産者側に指摘して、大騒ぎになった例もありました。

それほど無意識に混入してしまうものだと考えられます。

ペットボトル自体を衛生的に保つのは難しく、何度も洗って水筒代わりにするのはお勧めできません。

熱湯で洗ったりすれば、劣化も早まります。

ペットボトルのミネラルウォーターが…

  • 変な臭いがある
  • 変な味がある
  • 沈殿物がある

このような状態なら、飲むのは絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク