気分をすっきりさせたい時に飲みたくなる炭酸飲料。

炭酸飲料の賞味期限は未開封と開封後の場合、どれくらい持つのか気になった事ありませんか?

未開封で保管してある場合長く持つと思っていると賞味期限が切れていたり、開封後の炭酸飲料を飲むと炭酸が抜けて不味くなったりと経験している方いると思います。

そこで、未開封の場合と開封後の場合の賞味期限について調べてみました。

賞味期限 炭酸飲料 未開封 開封後

炭酸飲料が未開封の場合の賞味期限

炭酸飲料の賞味期限は容器やメーカー、種類によって多少異なってくるようですが、缶の場合は6~7ヶ月・ペットボトル3~4ヶ月と設定されている所が多いようです。

また、この期間は炭酸が持つ期間でもある言われているようですよ!

そして、消費期限はだいたい賞味期限から半年~1年は持つという声が多いようです。

しかし、中には賞味期限が切れても1ヶ月以内に飲んだ方が良いという声もあるようなので、まずは味や臭いが大丈夫かどうか自己判断した後、飲むかどうか決めるようになります。

なので、あくまでも消費期限とは言っても自己責任となってしまうので注意してくださいね!

スポンサードリンク

炭酸飲料が開封後の場合の賞味期限

開封後の炭酸飲料の賞味期限ってどのくらい持つか気になりますよね。

まず、直飲みやストローを使って飲んだ場合は当日または次の日までに飲むのが良いそうです。

コップを使って飲んだ場合は、2~3日長くても1週間以内に飲むようにした方が良いと言われています。

開封後の保管は必ず冷蔵保存するようにしてくださいね!

また、一度ふたを開けてしまうと炭酸も抜けやすくなるので、残っている期間が長いと炭酸も抜けていくので不味くなってしまいます。

なので、開封後はなるべく早く飲み切るようにしてくださいね!

まとめ

炭酸飲料の未開封の場合の賞味期限は、缶が6~7ヶ月・ペットボトルが3~4ヶ月と言うことが分かりました。

そして、開封後は賞味期限に関係なく早く飲み切るようにした方が良いという事も分かりました。

開封後は衛生面も兼ねて冷蔵保存することが一般的とされているので、開封後は必ず冷蔵保存するようにして早く飲み切るようにしたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事