何かと忙しいときや面倒くさい時にあると便利なカップラーメン。

いろんな種類があり、どれも美味しいんですよね。

また、カップラーメンは非常食としても買い置きしておく人も多いと思います。

しかし、期限が長いからと安心してしまい気づいたら2ヶ月・3ヶ月過ぎていた!!

なんて経験もあると思います。

そこでカップラーメンは賞味期限が過ぎても大丈夫かどうか調べてみました。

消費期限 賞味期限 カップラーメン 2ヶ月 3ヶ月

カップラーメンの賞味期限は?2ヶ月・3ヶ月と過ぎても大丈夫?消費期限は?

カップラーメンの賞味期限は今では製造日から6ヶ月間となっているそうです。

実は、東日本大震災前までは製造日から5ヶ月間となっていたそうです。

しかし、東日本大震災をおきにカップラーメンの賞味期限の見直しがされて、防災備蓄食として注目を集め、賞味期限の再調査をするにあたっての実験結果により、カップラーメンの賞味期限が延長して良いということになり、製造日から6ヶ月間と1ヶ月延びたみたいですよ!

しかも賞味期限が延びたからと言って、品質自体は変わっていないのでそのまま安心して食べられるみたいですよ。

またカップラーメンの消費期限は公表されていないという事実もあるんです!

では、なぜ消費期限が公表されていないのか気になりますよね。

実は、多くのメーカーでは消費期限を賞味期限の1.3倍~1.5倍と設定されているようで、製造日から8ヶ月~9ヶ月あるということになるんです。

ということは・・・

賞味期限が2ヶ月・3ヶ月過ぎても全く問題なく食べられるんですね!

しかし、蓋が開いていた・どこか穴が開いていた、直射日光が当たる場所、高温多湿の場所、風通しが悪い場所などと保存状態が悪いと、賞味期限関係なく持たないこともあるので注意!!

またカップラーメンは基本常温保存で、冷蔵や冷凍保存には全く向いていなので気を付けた方が良いみたいですね。

スポンサードリンク

まとめ

カップラーメンの消費期限は賞味期限の1.3倍~1.5倍もあり、賞味期限が2ヶ月・3ヶ月過ぎても問題なく食べられることが分かりました。

しかし、保存状態が悪いと賞味期限関係なく持たないこともあるので、保存する時は適切な場所で保管すると良いですね。

一番安心して食べられるのは賞味期限内なので、なるべく賞味期限が切れないうちに食べるようにしたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク